第2回 一軍戦力予想 リリーフ陣 (春季キャンプ開始時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

連日、各球団のキャンプ情報があふれています。けが人もちらほら

この時期のケガの離脱は、キャンプ終盤の離脱よりもまだ巻き返せるのでましですが・・・

離脱は良い印象を与えませんね。「ケガしないこともプロとして大切」だと思いますし、実際、ケガに強い選手はそれだけで強みなので(鳥谷を眺めつつ)。

ケガなくキャンプを過ごしてほしいです。

前回から始まった今シーズンの一軍戦力予想。2回目の今回はリリーフ投手編です。

昨シーズンはリーグ1位の安定感を誇ったリリーフ陣。しかし、リリーフ起用は年間を通して活躍するのが困難な働き場所(正直、昨シーズンは出来過ぎ)なので、一軍登録は通常7人ほどですが、予備枠(一、二軍行ったり来たり)も考えていきます。

鉄壁リリーフ七人衆+α

通常(7人)

  • ドリス
  • マテオ
  • 桑原謙太朗
  • 藤川球児
  • 石崎剛
  • 高橋聡文
  • 岩崎優

予備枠(3人)

  • モレノ(ドリス・マテオの抹消時のみ)
  • 島本浩也
  • 伊藤和雄

実績の5人

あくまでも予想なのであしからず。

まず、勝ちパターンの桑原・マテオ・ドリスの3人と藤川・高橋聡の5人は確定でしょう。

ケガさえなければ・・・昨シーズン並みの活躍を期待しています。

リリーフとして起用してくれ、頼みます

次に岩崎は・・・

えっ、先発。せっかくリリーフで活躍したのに、1年でまた。先発に転向すんの」というように、一部報道では先発再転向がうわさされています。

岩崎自身も「どちら(先発・リリーフ)もできるように調整する」と。

しかし、私は反対です。

理由は二つ。一つ目は先に述べたようにリリーフとして成功しているのに、わざわざ先発に戻すメリットがないこと。

二つ目は、そもそも先発で通用するかわからないことです。

これらから、岩崎を先発として使うなら同じ左腕の横山や岩田を起用すべきだと考えています。

これからどうなるか注目ですね。

侍候補の剛腕

続いて石崎彼は昨シーズンの活躍を見る限り、リリーフの1枠に入るでしょう。自慢のストレートで三振を取ってもらいたいです。

また、今日のニュースに、彼が侍ジャパンの有力候補に入っている、というのがありました。

タイガースの選手はあまり代表に選ばれないので、代表での活躍も楽しみです。

ケガに気を付けて頑張ってもらいたいです。

チャンスは巡ってきます

最後にバックアップ。

この枠にはモレノが入ってくるでしょう。

彼の場合、外国人枠の問題で、マテオ・ドリスの代わりのみ起用されるでしょうが。二軍でも腐らずに頑張ってほしいです。昨シーズン、この役割を担ったメンデスも起用されたので出番はあるでしょう。

次に島本

彼はノビのあるストレートを持っていますが、なかなか一軍登板の機会がありません。昨シーズンは二軍で先発として起用され、良い数字を残しましたが、後半はケガで離脱してしまいました。

正直、彼には「これはすごい」と思える球がないので・・・

しかし、逆に考えれば、何か特徴を持てば戦力になる可能性が高い投手です。期待しています。

そして、最後に伊藤和雄を挙げたいと思います。

新人の谷川と迷いましたが、昨シーズン一軍での登板があり、そこそこ結果を残した伊藤を選出しました。

彼も島本同様、ストレートは良いですが特徴がない投手です。決め球の落ちる球の精度もいまいち。

ただ、昨年経験を積み、今シーズンはやってくれると、個人的に期待しています。チャンスは少ないと思いますが、そのチャンスをものにして一軍定着に向けて頑張ってほしいです。

今回はリリーフ編。昨年同様、粒ぞろいの投手陣です。

期待しています。

では、今回はこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク