第4回 タイガース一軍戦力予想 一塁手編 (春季キャンプ開始時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日のニュースに、金本監督が春季キャンプ第2クールのMVPに大山を挙げた、というのがありました。

7日の紅白戦は3打数3安打の猛打賞。打つ方のアピールはもちろんですが、慣れない二塁の守備も日々上達しているのでしょう。植田のヒット性の辺りを好捕していたので。

彼にはレギュラーを取ってもらいたいですが、二塁手・上本派としては少し複雑です

今回、私的一軍戦力予想の4回目。昨シーズン、固定できなかった一塁手について予想していきます。

昨シーズン、固定できず

昨シーズン、開幕は原口で始まり、キャンベル・中谷・大山・ロジャース、など多くの選手が起用されました。

この一塁手は、比較的守りやすい+運動量が少ないポジションなので、体の大きな長距離タイプの選手(外国人を含む)が起用されがちです。

そう考えると守備よりも打撃優先で起用されますが・・・昨シーズンの大山の守備を見ると、やっぱり上手い方がいいですね!

予想は・・・

ということで、今シーズンの予想はこちらです。

一塁手:ロサリオ

はい、打撃優先です(というかこの人しかいない)。

タイガース得点力アップの為に獲得した期待の大砲。

メジャーや韓国などの活躍・経験から、日本でも活躍すると思いますが・・・外国人は、やってみないと分かりません(こればっかりは)。

ヘイグやキャンベルとは違うのだよ、かけた金額が!(だから活躍すると思いたい)

しかし、ロサリオは一昨年のヘイグや昨年のキャンベル・ロジャースとは違い、年棒3億を超える高額で獲得した選手です(参考:ヘイグは推定年棒8000万円。これでも多いような…)。

つまり、レギュラー前提で獲得したのでしょう。「あまり打てないな。じゃあ違う選手を使うか」ということはまずないと思います。

ケガなどがない限り、一年間固定で起用されるでしょう

正直、今シーズンのタイガースが優勝争いをするには、ロサリオの活躍が必須だと思います。

期待値的には来日1年目のゴメス程度でしょうか(参考:ゴメスは26本塁打109打点。ゴメス、打ってるな)。

期待しています。

では、この辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク