春季キャンプ 2月12日 紅白戦 感想 ~挽回する若手たち~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:nikkansports.com

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日も、一昨日に続いて実戦・紅白戦がありました。

またしてもロサリオが躍動。

第1打席で左中間へホームラン、第2打席で四球を選ぶという活躍。実戦でも長打が期待できることはこれまでの試合で分かっていましたが、この試合では四球も選べていました。これは日本の野球で活躍するうえでとても重要なことだと思います。

まだまだこれから実戦が増えていきますが、どんどん慣れていってもらいたいですね。監督は出来る限り、起用すると思うので。

では、昨日の紅白戦をみていこうと思います。

スターティングオーダーと結果

6回終了

紅組(先攻)

打者

1:遊・植田    3-0

2:三・北條    3-1

3:右・高山    3-1

4:D・ロサリオ 1-1

5:中・俊介    3-0

6:左・陽川    3-2

7:捕・坂本    3-0

8:二・熊谷    2-0

9:一・梅野    打席に立たず

投手

岩崎 投球回数2 打者9 被安打3 三振2 四死球0 失点1

青柳 投球回数2 打者11 被安打3 三振1 四死球3 失点3

松田 投球回数2 打者9 被安打3 三振1 四死球0 失点0

白組(後攻)

打者

1:二・西岡    4-0

2:中・島田    4-1

3:遊・糸原    3-1

4:三・大山    3-1

5:右・中谷    4-2

6:捕・原口    3-2

7:左・江越    3-1

8:一・長坂    2-1

投手

秋山 投球回数2 打者7 被安打1 三振0 四死球0 失点1

島本 投球回数2 打者8 被安打2 三振1 四死球1 失点1

石崎 投球回数2 打者7 被安打2 三振0 四死球0 失点0

試合詳細

詳しくい内容はTwitterで!

試合は1回から動きました。白組は1回、紅組先発・岩崎から糸原・大山・中谷が3連打を浴びせ1点を先制します。

対する紅組は2回、4番ロサリオが先発ローテーション入りを確定させている秋山から左中間へホームラン。これで同点です。

続いて3回に、まだ実戦でヒットを打てていなかった北條がホームラン。北條らしい低い弾道でのスタンドインでした(投手は島本)。これで紅組が勝ち越します。

しかし、その裏。紅組二番手の青柳からチャンスをつくると6番原口がライトへツーベース。続いて左打席に入った江越がタイムリーを放ち、この回3点を取って逆転します。江越は左打席では実戦初ヒットですね。ライトへ引っ張った打球でした。

その後は両チーム得点できず。2-4で白組が勝利しました。

若手が挽回

この試合で一番活躍したのはロサリオだと思いますが、一昨日のDeNA戦で目立たなかった若手選手たちの活躍も光りました

アピールができたのは北條でしょう。左腕・島本からセンター方向へのホームラン。

遊撃手争いから少し後退していましたが、いいアピールになったでしょう。ほかの打席でもいい打球を放っていたので期待が持てる内容でした(3打席目は西岡のジャンピングスローに阻まれた)。

また、高山と陽川にもヒットが出ました。

彼ら3人は正念場ですね。

ポジションを争うライバルが活躍しているため、アピールを続けないとこれから増えていく試合に出られなくなるでしょう。2軍行きの可能性もあります。

なので昨日の活躍で、「俺もいるぜ!」という存在感をアピールできたと思います(高山と陽川はまだまだ足りませんが…)。

先にも言ったように、これから試合が増えていきます。

レギュラーを掴むためにどんどんアピールしてもらいたいですね。

ファイト!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク