第8回 タイガース一軍戦力予想 レフト編(春季キャンプ開始時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:baseball.findfriends.jp

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日から2018年春季キャンプは第3クールに突入します

このクールからドラフト1位の新人・馬場皐輔の実戦を想定した投球をみせるようです。

10日にフリー打撃(打者が相手投手に打ちやすいボールを投げて打つ打撃練習)で登板したことはありますが、まだ打者との勝負の段階ではなかったので、17日に予定されているシート打撃(実戦と同じ形式での打撃練習)は注目ですね。

彼はストレートで勝負するタイプではなく、変化球の切れで打者を打ち取るタイプだと思います。なので、変化球がどの程度通用するか見てみたいです。

さて、今回で一軍戦力予想は7回目です。

本日は左翼についてやっていきます。

昨シーズンのレフト変遷

昨シーズン、開幕スタメンは一昨年の新人王・高山俊でした。

しかし、打撃成績が上がらず、守備でのポカ(後逸・落球など)があり、徐々に出場機会が減少。

変わって、大山や中谷、シーズン後半からは福留が守りました。

左翼・レフトは外野の中で一番守備力を気にしないといわれるポジションです(内野でいう一塁)。

なので、守備に難のある外人やベテランが起用されがちです(限度はありますが…)。

しかし、タイガースのホーム球場である「甲子園」は、ホームベースから左翼へ吹く風、いわゆる「浜風」があるため、他球場に比べると守りづらく、守備を軽視することはできません

結構、重要なポジションです。

今シーズンは・・・

それらを考えて、今シーズンのレギュラーは、

レフト:福留 孝介

こうかなと。昨シーズン後半、外野手のポジション変更で今まで、右翼・ライトを守っていた福留がレフトに変わりました。

当初は「少し危なっかしいな」と思って見ていましたが、そこは名手福留終盤はすっかりレフトの守備に慣れ、好プレーも連発していました(いつだったかは忘れましたが、ダイビングキャッチはうまかった)。

彼も40越え、休養日がいります

しかし、彼も今シーズンで41歳となります。身体を休ませるな形で週1~2は休養日となるでしょう(昨シーズンの後半のような形)。

その空きに誰を持ってくるか。

他のレギュラーや守備・ポジションの兼ね合いなどもありますが、私は中谷になると予想しています。

理由は守備のうまさとユーティリティー性。つまり、使い勝手の良さです。

外野ならどこでも守れ、一塁も守ることができます。

彼を起用することで、幅広い戦術を取れると考えて、起用されると予想しました。

今回はレフトをみてきました。

基本的には福留、そして彼の休養日にその他の選手(ここでは中谷と予想)を起用すると思います。

一応、レギュラーは固まっているポジションの一つと、考えてもいいと思います。

では、今日はこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク