春季キャンプ 2月16日 vs楽天戦 ~右へのホームランは最高~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:sponichi.co.jp

こんにちは。

昨日、楽天との練習試合がありました

今年1月、私がブログを始めた日に他界された星野仙一さんは日本シリーズで楽天と日本一をかけて戦うことを願っていましたね。

今年実現できれば、良い花向けになります。両チームで戦えることを期待しています。

では試合内容を見ていきます。

結果・詳細

阪神(後攻)vs楽天(先攻)

試合は阪神:岩貞、楽天:藤平で始まりました。

試合が動いたのは3回表です。岩貞から1番田中がヒットで出塁し、続く2番渡辺が粘った末、センターにヒットを放ちます。スタートを切っていた田中が3塁に進み、ランナー1.2塁で3番島内が犠牲フライ。楽天が1点を先制します

対するタイガースは4回。1番に入った島田が相手のエラーで出塁すると、3番中谷のところで盗塁を決めます。その後、2アウト3塁となり、迎えるは4番DHのロサリオ。楽天の2番手池田から右へ2点ホームラン。タイガースが逆転に成功します(2-1)。

さらに6回裏。2番植田が右へツーベースを放ちます。俊足のバッターならではの足で魅せた長打でした。中谷が死球で塁に出て、続くは4番ロサリオ・・・ではなく代打の北條史也。前の試合(紅白戦)から当たってきた遊撃手候補。「ここで打つとアピールになるぜ!」と思ってみていたら、レフトへの2点タイムリースリーベース。「おっ、ナイス北條!開幕ショートはまかせたぞ」と言いたいほど、打撃内容がいいですね。まだまだ続きます。続く5番大山がタイムリー、6番高山がヒット、そして原口が2点タイムリーと打ちまくります。トドメは右打席に入った江越(相手投手が左腕の高梨)。ただ最初はタイミングが合ってなかったので「ヤバいぞ!左は全然、というか打てそうにないから(それまで2三振)、せめて右でヒットを打ってくれ」と思った直後にレフトへ待望の2点ホームラン。ここは「ナイス江越!打つとは思ってなかったけど!」という感じでしたね(9-1)。

真のトドメは陽川。9回に楽天:戸村の初球をレフトへホームラン。アピールに成功しましたね。

結果、10-1でタイガースが勝利しました

さすが頼れる4番候補!

打者陣は、ロサリオですね。1打席目は楽天先発の藤平のストレートに合わず、空振り三振。

というか、これは藤平が良すぎました。

約8割はストレートでしたが(私の印象です)、そのストレートにタイガースの打者は苦戦。スピードも出ていましたね。植田には151km/hでした。

また、コントロールもまずまずだったので(アバウトだったがストライクゾーンで勝負していた)ので、崩れることもなく、ノビノビと投げていました。

結局、タイガース打線はパーフェクトに抑えられてしまいました。

話を元に戻してロサリオ。

藤平に変わってマウンドに上がった池田から右方向への柵越え。驚いたのはそのスイング

力任せに「ブンっ!」と振ったのではなく、「シュッ」と素直に打ち返すようにコンパクトに振り抜いていました。「綺麗なスイングだな」と感じましたね。お見事。

侍ジャパンへ、彼のアピールが続く

続いて「おっ!」と思ったのは大山です。

今日も3安打の猛打賞。11日のDeNA戦に続く、活躍をみせました。

そういえば、11日に続いて昨日も侍ジャパンの監督である稲葉さんが視察していましたね。

彼、ジャパン入りを狙っているんですかね?

個人的には少し早いと思いますが。本職である三塁も1軍では経験が少ないので。

3月の代表に選ばれたとしてもベンチ要員になる可能性が高い。正直、選ばれてほしくないですが(練習時間が少なくなる)・・・

タイガースの野手は近年代表入りしていないので、「タイガースの選手を応援したい!」という気持ちもある・・・難しい。

そんな大山のヒットコースは左へ2本、中へ1本という内容でした。DeNA戦では逆らわず右へ流していたので、広角に打てるタイプと見ていいでしょう。

彼を見てみると「やっぱり内川タイプじゃないか」と感じてしまいます(ソフトバンクの安打製造機)。

長打よりもミートする力の方があるように思いますね(あくまでも私の感想です)。

少し長くなりそうなのでこの辺りで

投手陣は次回に回します

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク