タイガース 2月16日 vs楽天戦 part2 ~ローテへ期待のできる右腕たち~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:baseballgate.jp

こんにちは。

今日はこれから、日本ハム戦ですね。

残念ながらドラフト1位の清宮幸太郎は出場しないようですが

この時期には1.2軍の入れ替えがあるかもしれないので、若手選手は一層頑張らないといけないですね。ここで2軍に落ちてしまうと来週から始まるオープン戦に出場できなくなります。

特に1.2軍当落線上の人は打ちまくる必要があります。高山が怪しいかな・・・

さて、前回の続きをやります。16日に行われた楽天戦の感想part2ですね。

ランナーが出てからが課題のようです。

タイガースの先発は大卒5年目の岩貞でした。

11日に行われたDeNA戦にも投げているので、中4日ですね(藤浪以外は岩貞と同じ登板間隔ですが。これも先発ローテ入りの競争かな)。

この日は安定感がなかったですね。ストレートのコントロールとキレはよかったですが、変化球がいまいち。特にチェンジアップが抜けていました。

そして、悪い意味で印象に残ったのがランナーが出てからの投球です。

明らかにボールが多くなり、コントロールが乱れていました。そして甘くなった球を打たれていましたね。

結果は3回を1失点ですが、これで済んでよかったと思いました。

コントロール△→×

続いて、藤浪

2018年のニュースタイルは一時期、彼が目指していた「脱力投法」のような投球スタイルでした。

まだ試行錯誤中なのか、コントロールが悪かったですね(いつもか…)。

最初、「まあ藤浪やし、カウントが悪くなるのはいつものこと」と思って見ていましたが、ヒットを打たれていないのに、四球や暴投などでピンチを迎える場面を見て、「やっぱり、コントロールはバツ!」と思い直しました。

結果は2回を投げて無失点。

まあ、彼はこれからでしょう。まだフォームも固めていない段階なので、あまり触れません。

相変わらずストレートがいい!

出典元:baseballking.jp

残り2人はキャンプを通して、いいアピールを続けている小野才木です。

小野は前回登板のDeNA戦よりもコントロールが良く、相手をピシャリと抑えていました。この日はスライダーも良かったですね。

2回を無失点。順調です。

才木もテンポよく楽天打線を抑えていました。今日も無失点。

ただ、解説をされていた元タイガース投手コーチの中西清起さんが才木について「まだ20歳。体ができていない。ローテーションはまだ早い」と言っていたのが少し気になります。

確かに体の線は細いですが、それを言ったら小野も細いような・・・

まあ、体ができていない=無茶をしてはいけない、ということでしょう。そこは首脳陣が投げ過ぎないように注意して育成してもらいたいですね。

今回も楽天戦を振り返ってきました。

ここからはベテラン陣も実戦に出てきます。若手たちにとってアピールの場は確実に少なくなります。少ないチャンスを生かしてもらいたいですね。

今日の日本ハム戦も活躍を期待してます。ファイト!

ではこの辺りで!

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク