阪神タイガース一軍戦力予想 一軍登録枠 後編(現時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:baseball.findfriends.jp

こんにちは。

昨日の中日戦は、開始早々、雨でノーゲームになってしまいましたね。

先発・藤浪は立ち上がりが良かっただけに、残念でした。

もう一つ残念だったのは、捕手で起用された大卒2年目の長坂

藤浪のワンバウンドになる変化球を受けとめられず、振り逃げを許してしまいました。

アピール必須の彼にとって、一つのプレーがとても大切です。

このようなプレーを見ると、首脳陣も「彼はまだまだだな」という評価となり、二軍行きになるでしょうね。

チャンスを逃さず、アピールしてもらいたいです。

さて今回は、「タイガースベンチ枠を考えよう」の後編、外野手編です。

選出は、外野手としてどのポジションでも守れる(外野のみ)or何か一芸ある、という項目で

  • 俊介
  • 伊藤隼太

を選びました。その理由は・・・

守備の名手、レギュラーもあるかも

まずは俊介

昨シーズン、後半はスタメンでの出場が多く、本人的にも充実したシーズンだったと思います(前半は主に代打や対左投手での起用)。

彼は守備の名手。昨シーズンはエラーはなく、安定感のある守備は健在です。

今シーズンは、始めから福留に休養日を設ける事が予想されるので、個人的には、その時にスタメンとして出場することが望ましいと思っています(福留の休養日は左投手が先発するときだと思うので、右打者の俊介が起用されるだろう)。

「打」はかなり期待できる!

次に伊藤隼太

伊藤隼太の主な起用法は代打です。

ただ、「彼を入れるか」はかなり迷いました。

というのも、金本監督は今シーズン、「盗塁のできる代走要員をベンチに2人を置く」と発言しています。なら、盗塁のできるという触れ込みのドラフト4位の新人・島田海吏をベンチに置くかもしれないと考えましたが・・・「代打として期待できるほどの打力のある左打者が必要かな」と思い、島田を外し、昨シーズン代打として、好成績を収めた伊藤隼太を起用すると予想しました。

昨シーズンは、勝負どころでも打っていましたし、9月10日のDeNA戦ではサヨナラ打も放ちました。

今シーズンも活躍してくれるでしょう。

ここまで、今シーズンの内外野のベンチ枠5人を予想してきました。

前回も書きましたが、なかなかバランスがいいですね。「どの選手にもその選手の特徴を生かした働きどころがあるな」という印象を受けました。

ただこの5人というのは、投手の枠が「先発6人・リリーフ7人」と考えた、ベンチの内外野手の「最小の枠」です。投手の登録抹消などによっては、1~2人増えるかもしれません。

そう考えると、先にも挙げた島田やキャンプでアピールを続ける内野手の植田海西岡剛が入ってくるかもしれません。

楽しみですね。

では今回はこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク