阪神タイガース 2月24日 vsヤクルト戦  ~チャンスで打てず~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:sportiva.shueisha.co.jp

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日は紅白戦が予定されていますね。

先発は小野才木。先発ローテーション有力候補同士の対戦ですね。

良い内容が求められる右腕の2人ですが、まずは結果が大切です。

この時期には、首脳陣も起用法の最終調整に入ると思うので、内容>結果ではなく、内容+結果を求めてもらいたいですね。

応援しています。

さて、遅くなりましたが、今回は先週の土曜日に行われたオープン戦、対ヤクルト戦を簡単にみていきたいと思います。

試合内容・結果

阪神(先攻)vsヤクルト(後攻)

タイガース先発は先発再転向を視野に入れている大卒5年目の岩崎優。そしてヤクルトは昨シーズンの先発ローテーション投手・ブキャナンで始まりました。

試合は2回に動きます。タイガースは先頭の5番高山がサードへ内野安打、続く6番陽川が四球でノーアウト1.2塁のチャンスをつくります。そして、7番に入った中谷がレフト前へタイムリー。久々の打点をたたき出します(課題のストレートを引っ張る。ナイスバッティング!)。タイガースが1点をリードします。

つづいて、4回表。先頭の陽川が四球で出塁(この日はいいアピールをみせました)。そして、8番に入った梅野がセンターへヒット。陽川の好走塁もあり、1.3塁のチャンスをつくります。続くは9番俊介。初球をライトへ流し打ち。技ありのタイムリーでした。ここまでのキャンプでは少しアピール不足でしたが、この日はいい仕事をしました(守備でも好プレーを見せた)。タイガースが追加点を取り、2-0とリードします。

しかし、その後はヤクルトペースでしたね。4回裏、ここまでナイスピッチングをみせていた先発・岩崎が4番・バレンティンにソロアーチを浴びてしまいます(低めのストレートをレフトスタンドへ)。これで2-1。

さらに6回。2番手秋山がショートの守備に入っていた北條のミス(一塁へ悪送球)からピンチを招き、3番山田哲人に犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれます(ストレートをうまく打たれました。犠牲フライで良かったが…)。ここで止めればよかったのですが・・・続くバレンティンにこの日2本目となる2点本塁打を打たれてしまいます。これで逆転(2-4)。

打線もこの日は反発力がなく、ヤクルトのリリーフ陣(近藤ー岩橋ー中澤-秋吉)のストレートに差し込まれ、0点に抑えられてしまいましたね。

結局、2-4の逆転負けを喫しました

(タイガース投手:岩崎ー秋山ー島本)

簡単な感想

この日は1回から4回までのチャンスであまり点が入らなかったのが痛かったですね。

再三チャンスは作っていたのですが、そのチャンスで打てず。

トータルでヒット8本を打ちながら2得点では・・・試合の流れも悪くなるので徐々に相手ペースになってしまいます。

ということで、敗因は打撃陣です(+北條の守備)。

反対に投手陣は良かったです。

秋山が3点は取られましたが、ストレートの精度はよく、内容もそこそこよかったので(彼はローテーション入りが決まっているので、結果ではなく内容の方が重要!)。

岩崎と島本もストレートに力があり、ヤクルト打線も打てそうになかったですね(ボテボテが多かった)。

全体的には収穫の多かった敗戦でした。

ただ、北條よ・・・次は頑張れ!(アピールあるのみ)

では今回はこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク