阪神タイガース 3月3日 vsソフトバンク戦  ~ストレートに弱すぎる。ただ最後の最後で・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:daily.co.jp

こんにちは。

昨日は朝から野球三昧。

特に昼は阪神のオープン戦、夜は大山石崎が選ばれた侍ジャパンの試合(vsオーストラリア)とタイガース関連の試合を続けて見れましたね(今日もあります)。

さて、注目の日本代表・大山。

昨日はサードでスタメン出場しました。

球場の表示板(昨日はナゴヤドームで行われた)の「7番サード・大山 悠輔」という表示を見て、「おお、大山!頑張れよ」と熱くなってしまいましたね。やはり応援するチームの選手がスタメンで出るとテンションが上がります。

まあ、結果は出ませんでしたが・・・4打数でノーヒット。2度あったチャンスでも打てなかったですね。まあ、チーム自体が2-0という辛勝でしたが・・・

相手投手とのタイミングが合わず、フライばかり打ち上げていました。正直、まだまだですね。前を打つ浅村や外崎らが鋭い打球を飛ばしていたので、なおさらそう思ったかもしれませんが・・・

彼の場合、お試しのような感じなので。まずは他の代表クラスの人のプレーを見て成長してほしいですね。

ファイト!大山!

(昨日、石崎の登板は無し。今日かな)

さて、タイガースの話題に移ります。

昨日は福岡でソフトバンクと戦いました。試合は・・・課題を克服できず。

個人的にはショックな試合でしたね。

では、早速見ていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs福岡ソフトバンクホークス(後攻)

タイガース先発はローテ入りが決まっている秋山、ホークス先発はバンデンハークで始まりました。

両先発右腕は試合をつくり、4回まで両チーム無得点。エース級の働きが期待されている投手同士の投げ合いでしたね。さすがです。

そんな中、試合が動いたのは5回裏。ソフトバンクは阪神2番手の藤川 球児をせめ、ランナー1,2塁のチャンスをつくります。そして2番高田がライトへ2点スリーベースヒット。ソフトバンクが2点を先制します。

さらに、続く6回裏。代打・川島 慶三がタイガース3番手の高橋 聡文からレフトへホームランを放ち、追加点を挙げます(T0-3H)。

そして、8回裏。タイガースは5番手に新外国人のモレノをもってきます。ここでタイガースの弱点が・・・今シーズンからトレードでソフトバンクに加入した西田 哲郎(元楽天)の放った打球をショート糸原が取れず、エラーで出塁を許します。さらに続く川島の打席で西田が盗塁。ここで捕手・梅野の送球を二塁のカバーに入ったセカンド植田が取れず、バックアップをしないといけない糸原も取れずで、梅野の送球はセンターへ・・・「タイガースの内野はヤバい(悪い意味で)」の所以が出てしまいましたね。ランナー西田は3塁に行き、そして川島があっさりライトへ犠牲フライ。ソフトバンクはヒットなしで1点を追加します(T0-4H)。

最終回の9回表のタイガースの攻撃。ソフトバンクは4点リードにも関わらず、抑えのサファテを投入します。キャンプではアピールをしていた植田・島田から簡単にアウトを取り、あと一人。ここでタイガースは代打・緒方 凌介を起用。この試合から1軍に上がった大卒6年目の左打者。2軍では6割りを超える打率を残していたので「いつ使うのか。早くみたいけど」と思いながら見ていたら、まさか最後の一人の場面で出て来るとは・・・そんな緒方と球界を代表する守護神・サファテの戦いは3球目で決着が付きました。サファテが投じた真ん中付近のストレート(146km/h)を緒方がコンパクトにはじき返しました。放った打球はなんとセンターバックスクリーンへ。「あの軽く振ったスイングであそこまで飛ばすのか。すごいな緒方」と、かなりテンション上がりましたね。

結局、試合は0-4で敗れてしまいましたが、あまり負けたことを感じさせない試合展開でしたね(最後だけ良かった)。

投手陣は調整なので問題なし

この日先発は秋山。ストレートに力がありましね。長打を2本打たれましたが、問題なく抑えていました(2アウトからだったので)。

フルカウントになっても慌てることがなく、一人一人抑えていましたね。この日も四球はなし。自慢の「制球力」は問題なしです。

そして、タイガースを支えるリリーフ陣。この日は藤川・高橋聡文・マテオ・モレノが登板。

藤川と高橋、そしてモレノは失点しました。しかし、この時期のベテランは調整登板なので、どうのこうのいう時期ではありません。モレノは・・・気の毒ですがタイガースに来たらああいうプレーは仕方ないということで。無安打に抑えたので、評価は上々でしょう。

ということで、投手陣は問題なし。

あれだけ、キャンプでストレート対策をしたのにね

ということで問題は野手陣。

ソフトバンクの投手陣が投げるストレートをまったく打てず。

特にバンデンハークとの対戦は酷かった。1回、先頭の上本がヒットで出塁した後、バンデンハークは変化球のコントロールを乱していましたね。なので、ストレートが多かったですが、そのストレートをタイガースの打者が振り遅れて・・・三振の山を築かれましたね。

あっ、ストレートだけでも抑えられるじゃね」という感じで投げるバンデンハークに対し、全くタイミングが合わず、三振ばかりの打者陣(8三振)。その後に出てきたソフトバンクの若手投手陣にも簡単に抑えられる始末。

正直、キャンプで取り組んだストレート対策が、今の段階では活かされていません。昨日良かったのは、2軍からやってきた上本と緒方、そして糸原くらいでしょうか。

もう少し一打席、一打席工夫がほしいですね。

ということで、昨日のソフトバンク戦をみてきました。

投手陣は良かったですが、打者陣はさっぱり。緒方はこの調子でアピール頑張れ!

さて今日もソフトバンクとの試合がありますね。予定ではドラフト2位の高橋 遥人が初登板とのこと。緊張せず、思いっきり投げて欲しいですね。応援しています。

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク