阪神タイガース 2018年春季キャンプ 私的キャンプMVPは・・・【投手部門】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

今日のニュースに、イチローが古巣のマリナーズと大筋合意、というのがありました。

複数の米メディア・マスコミがツイッターなどでこの情報を伝えたとのこと。これは決定的ですね(契約年数は1年)。

日本では、イチローの地元・中日や古巣のオリックスが獲得に名乗りを上げていましたが、少なくとも今シーズンの日本野球界復帰はなさそうです。

彼も今年で45歳ですか。ただまだまだメジャーで活躍するだけの力がありますね。

応援しています。

さて、阪神の話題へ。

少し遅くなりましたが、簡単にキャンプの総括をやりたいと思います。

何をしようか迷いましたが、「印象に残った選手を挙げよう」ということになりました。

ということで、投手と野手に分けて「私的キャンプMVP」を決めます。

今回は投手編です。ではさっそく。

全体の総括

若手・中堅・ベテランが程よく混じった投手陣でしたが、キャンプでは各自がそれぞれ自分で考えた方法で鍛えていたな、という印象を受けました。

ブルペンだけを見ても、各投手がそれぞれ

どれくらい投げるか、球種はストレートのみか、変化球はどの球種を試したいか、コースはどこか

など、様々。

毎年キャンプ前半はストレートしか投げない能見さんを筆頭に、新球のチェンジアップを試したい秋山、改良した投球フォーム(戻したフォーム?)でどんどん投げたい藤浪、など調整方法がバラバラでしたね。

その他、各投手それぞれに違うタイムが設定された「ダッシュ」、金本監督自らが行うこともあった「ノック」、など濃い練習を一か月行ってきましたね。

MVPを挙げるならこの選手かな

そんな春季キャンプ。私が印象に残ったのは高卒2年目の才木 浩人です。

才木は初の1軍キャンプ。

緊張もあったと思いますが、それを感じさせない堂々とした練習姿勢でした(先輩に交じって、笑顔だったのを思い出し)。

練習試合でも自慢のストレートで打者を打ち取り、アピールを続けていましたね。

そんな中、私が一番印象に残ったのが「自分の課題を自覚し、それを克服したい!」という姿勢。

彼はストレートは力強い球を投げますが、変化球の精度はいまいち。それでも、試合で何度も変化球を投げていました。

「試合なので結果が欲しい。だから自分の一番自信のある球=ストレートで勝負したい」ではなく、「試合なので結果が欲しい。でも自分の課題は変化球。それを試合で磨いていこう!」という考えなのでしょう。

いいですね!その向上心。まだまだ彼は成長し続けると思いますよ。

1軍の先発のマウンドに立つ姿を普通に想像できます。今年には見れそうですね。

ということで、私的キャンプMVP投手部門は期待の右腕・才木に決めました。

今シーズンの活躍、期待しています。

では今日はこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク