阪神タイガース 3月6日 vsDeNA戦  ~才木、ナイスピッチング!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日は、今シーズン初の甲子園で一戦でした。相手はキャンプでも対戦したDeNA

風が強く吹く中での試合は、3.4日にあったvsソフトバンク戦同様、塁にはよく出ていましたが・・・

さて、簡単に試合経過をみていきたいと思います。

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs横浜DeNAベイスターズ

タイガース先発は復活を期す藤浪 晋太郎、対するDeNAの先発は高卒2年目(才木と同学年)、滋賀県の近江高校出身の右腕・京山 将弥で試合が始まりました。

試合が動いたのは4回表。ここまでノーヒットに抑えていた藤浪が1アウトから2番に入った大和に四球、3番筒香にヒットを浴び、ピンチを迎えます。そして、続くロペスにレフトスタンドへ3ランホームラン。甘く入った変化球を打たれましたね。DeNAが3点を先制します。

反撃したい阪神は6回。DeNA2番手の笠井(育成出身)からヒットと四球でチャンスをつくると、侍ジャパンから帰ってきた大山がライトへタイムリーツーベース。続く中谷のショートゴロの間にさらに1点を挙げ、1点差に追い上げます(T2-3D)。

しかし、9回表。3番手でマウンドに上がった島本が内野安打で出塁を許すと、代打・中川に2ランホームランを打たれます。最終回の攻撃に水を差してしまいましたね(T2-5D)。

そして最終回のタイガースの攻撃。過去2試合は(いずれもソフトバンク戦)得点を挙げたこの回、またしても粘りをみせます。四球とヒットでチャンスをつくり、2アウトながら1.2塁の場面。続くは結果が欲しい代打・北條。ここでDeNA5番手の砂田のストレートを見事にはじき返しセンターへタイムリーヒットを放ちます。押せ押せムードの場面でしたが、続く大山が6番手で出てきた国吉を打てず、見逃し三振。

結局、3-5で試合終了。オープン戦4連敗を喫しました。

そこそこよさそうな藤浪

今回は投手目線で。

この日は

藤浪(4回)ー才木(4回)ー島本(1回)

の3投手が登板しました。

藤浪は変化球多めのピッチング。この日の投球が自身が「試したい」と言っていたピッチングなのか、試行錯誤の段階なのかわかりません。

しかし、コントロールにまとまりがあり、ストライク先行でしたね。

まあ、多投した変化球をロペスに打たれてしまいましたが。この時期なのであまり問題にしなくてもいいでしょう。風も強かったので(打球が風に乗った)。

キャンプから良いね!あとはイニングを食えるか

才木は順調な仕上がりですね。

まさに「甲子園のマウンドで躍動」という言葉がふさわしい活躍。

5回から2番手で登板して、4回を1安打無失点に抑えました。

ノビのある直球を主体に、6回は3者連続三振を披露し、開幕ローテ入りに向けて順調そうです。

正直、変化球を多投して、ストライク先行を意識していた藤浪よりも、コントロールが良かったです。三振は全体で4つと少なかったですが、課題である変化球でもストライクが取れていて安定感がありました。

後は、スタミナですね。

キャンプを通じて最長イニングはこの日の4回。先発で起用するなら、7回が目安になると思います。金本監督も試合後に、

「ただちょっとセットポジションになって、(球威が)落ち気味になるかなというね。梅野の報告によるとね。あとはスタミナだね。先発ローテの投手だったら、四回以降、五回、六回、七回のスタミナが必要になるからね」

とコメント。

これをクリアすれば、開幕ローテ入りになりそうですね。

楽しみです。

今日も甲子園でDeNA戦があります。

先発は藤浪や才木同様、ローテ入りが期待されている小野が予定されています。

藤浪たちに負けないくらいの内容を期待しています。

ファイト!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク