阪神タイガース 3月7日 vsDeNA戦  ~小野、開幕ローテに向けて順調~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

昨日も甲子園でDeNA戦がありましたね。

先発は大卒2年目の小野 泰己。ストライク先行で安定感が光りました。

ただ、昨日はストライクゾーンが広く、特に野手陣は苦戦していましたね・・・少しかわいそうだった気がします(審判によってストライクゾーンが変わるってダメでしょ。解説の人も「今日はストライクゾーンが広いですね」的なことしか言わず、「そんな中でどういうバッティングをするのか」って・・・前提が間違っていますよね!特にタイガースの野手陣はボールを見ていく「選球眼」が良いタイプが多いので、致命的だと思いますが。)。

そしてまた最終回に反撃という。ここ数試合、続いてますね。

昨日は途中まで「無理かな」と思っていましたが、見せ場はしっかりと作りました(淡々と終わるよりいい)。

では早速みていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs横浜DeNAベイスターズ(先攻)

タイガース先発は小野、DeNA先発は売り出し中の右腕・飯塚 悟史で試合が始まりました。

両先発が試合をつくり、中盤まで点が入らない試合展開。

動いたのは8回表。タイガース4番手の石崎から2.3塁のチャンスをつくり、代打・佐野がライトへタイムリーヒット。さらに石崎の暴投や9番倉本の犠牲フライ(上手かったですね、さすがレギュラーというケースバッティング)などで追加点を挙げ、DeNAが3点を先制します。

最終回のタイガースの攻撃。ここまでDeNAの投手陣にわずか1安打に抑えられていた打線が粘りをみせます(粘りというか足搔き?)。DeNAの5番手・三嶋に簡単に2アウトを取られますが、新加入の山崎 憲晴が右前打で出塁すると、続く陽川がライトへタイムリースリーベースを放ちました。正直、2アウトを取られた時点で「今日の得点は無理かな」と思っていましたが、やっぱり野球は2アウトからですね!

まあ、この日も1-3で敗れてしまいましたが・・・この敗戦でオープン戦5連敗。なかなか勝てませんね。

ただ、勝敗は気にしなくていいでしょう。まだまだ準備期間、オーダーやポジションも固まっていないので。

小野は順調。このままどうぞ

昨日の投手陣のリレーは

小野(5回)ー藤川(1回)ーモレノ(1回)ー石崎(1回)ードリス(1回)

でした。

小野はナイスピッチング。

5回2安打無失点の好投で開幕ローテ入りに前進ですね。

今年の実戦は5試合(練習試合なども含む)14回を投げて無失点。ローテを争うライバルの藤浪や才木に負けない数字を残しています。

藤浪同様、課題の制球力・コントロールもこの日は安定していましたね(審判、云々は置いといて)。

このままいけば、ローテ入りは確実でしょう。期待しています。

石崎は疲れがあるのか?

続いて、石崎

昨日は侍ジャパンから帰ってきて初の実戦。結果は暴投(一塁へ牽制悪送球)を含む3失点。

自慢のストレートも球速が出ていなかったですね(140km/hちょっと)。

そして彼にしては珍しい牽制の悪送球。うーん、疲れですかね。キャンプ途中で侍ジャパンへ合流。それから帰ってきてすぐのマウンドでしたから。

石崎はケガも多いので、体調管理に気を使いながら調整してほしいですね。

次は自慢のストレートでの三振を期待しています。

昨日も敗戦とオープン戦未だ勝ちのないタイガース。

ただ、内容は良い(先発が試合をつくるand打線に粘りがある)ので心配はしなくていいでしょう。

次の試合は明日ですね。相手はこの前の試合、雨で流れた中日ドラゴンズ。明日も天気が心配ですが・・・

応援しています。

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク