阪神タイガース 3月13日 vsヤクルト戦  ~守乱。藤浪がかわいそう・・・とは思わない~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

昨日は甲子園でヤクルト戦がありました。

タイガース先発はローテ4番手が有力の藤浪 晋太郎

サクッと好投して「ローテ当確」を決めて欲しかったですが・・・相変わらず、見ていて疲れる内容でしたね。「これが藤浪だ!」と言われれば、それまでですが・・・

正直、私は今の藤浪がローテにふさわしい投手とは思わない

では昨日の試合を簡単にみていきます

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs東京ヤクルトスワローズ(先攻)

タイガース先発は藤浪、ヤクルト先発は大卒3年目の原 樹理で試合が始まりました。

試合が動いたのは4回表のヤクルトの攻撃。それまで球数をかなり擁しながらも無失点に抑えていた藤浪が西岡のエラーや自身の死球などでピンチを招き、ノーアウト満塁。ここから西岡の2つ目のエラー(後逸)や上田のタイムリーで藤浪がノックアウトされます。代わった2番手の島本もこの流れを止められず、坂口青木廣岡にヒットを打たれて失点。この回だけでなんと9失点。試合が決まりました。

さらに5回表。タイガース3番手の松田が2アウトから山崎・上田・坂口の3連打で1失点(2アウトから失点もいけないが、左打者3人に打たれるのは印象が悪い)。追加点挙げられます(神0-10ヤ)

反撃したいタイガースは6回。鳥谷西岡伊藤隼太の3連打で満塁のチャンスをつくると、ここから押し出し、代打・糸原の2点タイムリーツーベースなどで計4得点。

続く7回裏にも糸原がタイムリーヒットを放ち、ヤクルトに追いすがります。

しかし反撃もここまで。4回の大量失点が痛かったタイガースは5-10でヤクルトに敗北。オープン戦2勝目はなりませんでした。

相変わらずの安定感のなさ・・・

今日の投手リレーは

藤浪(3回1/3)ー島本(2/3)ー松田(1回)ーモレノ(1回1/3)ー藤川(1回2/3)ーマテオ(1回)

でした。藤浪ノックアウトのしわ寄せがモレノと藤川にきてますね・・・

その藤浪。まあ相変わらずのコントロールと球数。

初回から捕手・長坂が構えたミット通りに投げられず、「今日は荒れる日か」と相変わらずのコントロールを嘆きながら見ていました。

しかし、2回で球数が50球以上ですか。この日はコントロールもそうですがヤクルトの打者陣に粘られていましたね。印象的だったのは5番に入っていた育成の大村。ファールで粘っていましたが、芯でとらえる「良いファール打ち」。その他の選手もフルカウントまで粘られることが多く、「藤浪対策?粘られてるな」と思いました。

この日のスタメンは「左が7人」という変則オーダー。「藤浪は左が苦手」というのを考えてのオーダーでしょう。まあもう一つ理由があると思いますが・・・(山田・バレンティン・畠山という右の主力を出していないことから、ケガ防止対策でしょうね)

この日の敗因は

そんなことは関係なしに抑えて欲しい藤浪ですが、エラーから6失点。自責は0なので本人的には不満に思うでしょう。ただこのエラーは藤浪にも原因があると思います。

理由は「テンポ」。あれだけ球数が多いとチーム全体が波に乗れません。もちろん守備にも影響してきます。野手陣も「いつ打球がくるのか」と思うでしょうね。

それにこの日はセカンド守備に慣れていない鳥谷とシュートの守備にブランクがある西岡。「多少エラーしても仕方ない」というなかで首脳陣は使っているでしょう。

まあ藤浪のときに使うのはどうかと思いますが。もう少し藤浪に配慮があってもいい気がします。現在の藤浪は「どんな環境でも抑えてやるぜ!」というレベルの投手ではなく、死球などから簡単に崩れる「未完成」の投手なので。

ということで昨日の試合をみてきました。

今日も甲子園でヤクルト戦。先発は能見さんですね。前回はあまりよくなかったの今日は抑えて欲しいです。

また、話は変わりますが西武とのトレードが発表されましたね。2010年のドラフト1位左腕の榎田が昨年6勝を挙げた岡本とのトレードで西武へ移籍するとのこと。まだ後日記事にしますが、榎田投手、新天地での活躍を期待しています。

ファイト!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク