阪神タイガース 3月14日 vsヤクルト戦  ~能見さん、ナイスピッチング!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日も甲子園でヤクルト戦。今年の甲子園でのオープン戦はこれで最後。高校球児に明け渡します。

そんな最終戦。先発は前回のソフトバンク戦で6失点の能見 篤史。「さすがローテ入り確実と言われる投手!」という修正力と安定感。やっぱり頼りになります。

ただ、オープン戦を通じてネックとなっている打線は相変わらずの貧打・・・もう少し打ってもらいたいですが!

では早速試合内容をみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs東京ヤクルトスワローズ(先攻)

タイガース先発は能見、対するヤクルト先発は新外国人のハフ(福留とはインディアンス時代にプレーした元同僚)で試合が始まりました。

試合が動いたのは3回表のヤクルトの攻撃。四球とショート糸原のエラーなどから1アウト2.3塁とし、1番山田が犠牲フライ。ヤクルトがヒット0本で1点を先制します。

対するタイガースは6回。ヤクルト2番手の新人・大下から1アウト2塁のチャンスをつくります。迎えるはこの日初めてオープン戦で1番に入った糸原。大下のストレートをライトへはじき返しタイムリーヒット。同点に追いつきます(神1-1ヤ)。

しかし、8回表。3番手としてマウンドに上がった高橋聡文が捕まります。ヒットと四球でノーアウト1.2塁にされ、続く代打・上田にバスターを決められます(バントシフトがあだとなる。普通に守っていればセカンドゴロ)。さらに犠牲フライも打たれ計2点を挙げられてしまいました(神1-3ヤ)。

その裏のタイガースの攻撃。四球とヒット、さらにバントを決め(ナイス俊介!)、1アウト2.3塁。ここで糸原がセカンドゴロを放ち、その間に1点を挙げます。

しかし、タイガースの反撃はここまで。2-3でこの日も敗れてしまいました。対ヤクルト戦は3戦3敗・・・オープン戦とはいえ、ここまで同じ球団に負けるとシーズンにも響きそうですね。

能見さん○、高橋はどうなんでしょう・・・

この日の投手リレーは

能見(5回)ー石崎(2回)ー高橋聡文(2/3)ー桑原(1回1/3)

でした。

石崎は2イニング登板。適性を見るためかな。2イニング目にピンチをつくってしまいましたが無失点で抑えましたね。ヤクルトの2番・山崎に助けられたところはありますが、いいアピールができたと思います。

打たれた高橋は・・・この日はコントロールが少し悪かったですね。ただ、きわどいところをストライクと取ってくれなかった程度。

高橋はここまでオープン戦3試合に投げ、3戦とも失点しています。球に力はあると思うので、あとはちょっとしたコントロールを磨いてほしいですね。

桑原はナイスピッチング。今のところ心配いりませんね。このままどうぞ!(軽いけど、良すぎてあまり書くことないし…)

そして、能見さん。

5回を2安打1失点(自責点は0)。前回と比べると内容が格段に良かったですね。

特に内角へのコントロール。通称「クロスファイヤー」と言われる内角のゾーンでこの日はストライクが取れていました。

ここは能見さんの生命線。ここでストライクが取れるかどうかでその日の投球の良し悪しが決まります。この日は内角のゾーンでストライクが取れたことで、そこを「基点」として、他のコースでも空振りを取れていましたね。

ナイスピッチング。次もこの調子で頑張ってほしいです。

打者陣でいいのは糸原!

打者陣は相変わらずエンジンがかかりませんね。この日は5安打2得点。

ただ糸原は好調を維持。ショートのポジション取りへ前進です。

試合後、金本監督

「実際に結果を残しているし、でもまだまだ。気を引き締めてやってほしい」

とコメント。ショート当確はなかったですが、打率.333、出塁率.444の好成績を残している糸原はレギュラーに一番近いところにいるでしょう。

あとは、守備。この日もエラー1つ・・・

そんなすぐうまくなることはないので一つ一つのプレーを大事にして頑張ってほしいと思います。

ということで昨日のヤクルト戦をみてきました。

ここから遠征が始まります。次の試合は明日の楽天戦。静岡で行われます。

また、シーズン開始まで約2週間ですね。

いい調整にしてもらいたいです。

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク