阪神タイガース 3月16日 vs楽天戦  ~試合後半の集中打は見事。特に隼太、ナイスバッティング!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:daily.co.jp

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日は静岡で楽天戦がありました。

タイガース先発はエース・メッセンジャー菅野と投げ合う開幕戦に向けて、順調な仕上がりを見せてくれました。

打線も楽天の主力投手相手に試合後半に集中打を浴びせます。これまでの貧打が嘘のように得点が入りました。

では試合内容をみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs東北楽天ゴールデンイーグルス(後攻)

タイガース先発はメッセンジャー、対する楽天先発はエース・則本 昂大で試合が始まりました(エース対決!)。

前半はお互いにチャンスは作りますが、両エースが踏ん張り点が入らず。

そんな中、試合が動いたのは5回表のタイガースの攻撃。ヒットと四球で1アウト1.2塁のチャンスをつくります。ここで2番糸原がレフトへ2点タイムリーツーベース。タイガースが2点を先制します。

直後の5回裏。四球とエラーでメッセンジャーから1.2塁のチャンスをつくった楽天は1番島内がタイムリーを放ち、1点を返します。

しかし、6回表。この日6番に入った伊藤隼太が則本からライトポール直撃のホームラン!さらに8番原口、9番梅野の連打で1点を追加。この回計2点を取ります(神4-2楽)。

続く7回表。楽天2番手の宋家豪から打者一巡の猛攻を見せます。3番高山から4連打で3点。さらに原口、途中出場の坂本がタイムリーを放ち2点を挙げます。トドメはこの回2打席目となる高山。ランナー2塁の場面で、宋の真ん中高めのストレート(キャッチャーは外に構えていたので逆球)をライトスタンドへ!さらに2点を追加し、この回計8得点。

その裏に、2番手岩崎(静岡出身)が満塁からウィーラーに走者一掃のツーベースを打たれ、3点を返されますが、楽天の反撃はここまで。タイガースが12-4で楽天を下しました。オープン戦、2勝目です!

順調なエース

この日の投手リレーは

メッセンジャー(5回)ー岩崎(2回)ー谷川(1回)ー松田(1回)

でした。

リリーフ起用が決まった岩崎はこの日ロングリリーフを経験。2イニング目に打たれはしましたが、まだまだリリーフ調整ができていない中での登板なので仕方ないでしょう。

それにこの日は地元・静岡、つまり「凱旋登板」。まだ静岡の人たちの前で投げたことがない岩崎投手にとって記念すべき日です。首脳陣もそれをわかった中で失点覚悟の起用だったと思います。

1イニング目は完璧だったので心配はしていませんが、ロングリリーフを任される立場なので次、頑張ってほしいですね。

続いて、先発のメッセンジャー。

5回を4安打無失点。この日は球威もあり、コントロールもまずまず。四球からピンチを迎える場面もありましたがしっかりと抑えてくれました。

カバーリングなど、細かいところもしっかりこなしていたので、本番に向けて順調そうです。ただ5回は少しコントロールを乱し、バタバタした感じがあったのでそこは修正してほしいですね。

久しぶりに打線がつながった

そして、野手陣。この日はいい攻撃を見せてくれましたね。

球界を代表する右腕・則本から9安打を浴びせ4得点。さらに昨シーズンCSで好投したストレート自慢の宋から8安打8得点のビックイニングをつくりました。

こんなにいい攻撃を見せたのは2月の練習試合以来でしょうか。

特に伊藤隼太は上手かった!

6回に則本からオープン戦1号ソロ。7回には2点打を放つなど、4安打3打点。オープン戦打率.600と好調を維持してます。

本人も、

「去年、やってきたものがあるから1打席、1打席、1球、1球に集中してやっていきたいと思います」

とコメント。この調子なら、確実に一軍枠に入り。さらに福留の休養日にスタメン出場もあると思います。

コメントにあるように、一球一球を大切にして頑張れ!

今日から名古屋で中日戦。

静岡遠征には来ていない主力組も合流するので、若手のアピールの場は少なくなるでしょう。しかしその少ないチャンスの中でアピールしてほしいです。

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク