阪神タイガース 3月17日 vs中日戦  ~岩貞、制球悪し。守乱もあり完敗・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

昨日はナゴヤドームで中日戦がありました。

タイガース先発は開幕2戦目での登板が有力の岩貞。しかし、立ち上がりからコントロールが悪く、試合をなかなかつくれませんでした。

しかし、そんな岩貞同様、悪い意味で注目を集めたのは守備

エラーはもちろん(当たり前のように毎試合エラーするなぁ、ほんと…)、この日は記録に残らないミスも目立ちました。

まあ、そんな昨日の試合を簡単にみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs中日ドラゴンズ(後攻)

タイガース先発は岩貞、中日先発は左腕の小笠原で始まりました(小笠原はオープン戦の対タイガース2試合目)。

初回のタイガースの攻撃。2アウトから3番糸井、4番ロサリオが連続ホームラン!タイガースが2点を先制します。やっぱりホームランは気持ちいいですね!

しかしその裏。岩貞がヒットと四球で1.2塁とされ、5番福田にライトへ2点タイムリーツーベースを打たれます。すぐ同点…しかし、相変わらず福田はうまいバッティングを見せますね。この前の甲子園でもライトへタイムリー打ってましたし。かなり脅威になりそうです。

続く2.3.4回裏。小技やタイガース守備陣のミスから失点し、計3点を入れられます(神2-5中)。

さらに7回裏。2番手藤川がヒットと四球でピンチを迎えます。そして迎えるのは福田。正直嫌な予感しかしなかったですが・・・藤川のストレートをレフトへホームラン。3点を入れられます。

トドメは8回。タイガース3番手はドリス。簡単に終わってほしかったですが、ノーアウトから上本がエラーで出塁を許します。そこからヒットや四球などでたちまち4失点・・・詳細はふせますが、中日の攻撃が上手かったとだけ言っておきます。

タイガース側の反撃は全くなかったこの日。結局、2-12という大差をつけられ完敗。相変わらず波に慣れず。

岩貞、この日は全体的に高かったなぁ

この日の投手リレーは

岩貞(6回)ー藤川(1回)ードリス(1回)

でした。

まあ岩貞ですね、この日は。

初回からボールが高くかったです6回を投げ7安打5失点(自責は4)。安定感が全くありませんでした。

投手の生命線と言われる、「外角低め」(「アウトロー」ともいう)に球がいかず。これでは打たれても仕方ないでしょう。

まあ、後で書く守備陣に足を引っ張られた面もありますが・・・(特に初回の京田のセンターへのヒットは普通のショートなら取れたはず。なのに…)。

本人も試合後に、

「ランナーを背負って、高さというより、コースをもう一つ、二つ厳しくいくところがあった」

とコメント。甘いコースにいったことを反省してました。

これで開幕ローテーション入り当確はならず。次は来週のオリックス戦に登板予定とのこと。しっかり修正してもらいたい。いや、本当に。代わりいないので!

梅野まで何をしているのか・・・

(画像参照:http://www.bbm-japan.com/_ct/17096241)

相変わらずの野手陣。打つ方でも守る方でも心配です。

一昨日の楽天戦が嘘かのような打線もそうですが、それ以上に心配なのが守備。

初回から飛ばしていましたね、糸原。あれ、取れるよね。普通にショートゴロと思っていたら、普通にセンターへ打球が抜けていって唖然としたけど・・・

次、大山。7回の亀澤のバントの場面。バント処理した藤川が3塁に投げようとして「あれっ!」となり、慌てて1塁へ(1塁は間一髪アウト)。

大山がチャージしすぎて、藤川の3塁送球に間に合わなかったという・・・あれで3塁アウトにできなかったが痛かった。

最後に梅野。この日ショックだったのが彼のミス。暴投で4つも捕れないなんて・・・確かに難しいのもあったけど確実に前で止めないと。梅野のアイデンティティが無くなるよ。

まあ、という感じで記録に残らない守備のミスがたくさんありました。記録に残るミスは、ロサリオの2塁送球はまあ仕方ないとして(糸原、取ってほしかったよ)、上本のはシーズンでよく見る凡ミス。もう少し丁寧に!

昨日は岩貞が試合をつくれなかったのも敗因の一つですが、守乱もその一因でしょう。もう少し守備の安定感が欲しい。

今日もナゴヤドームで中日戦があります。先発は秋山でしょうね。安定感のある投球を期待しています。

そして守備陣。足を引っ張らないように!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク