阪神タイガース 3月18日 vs中日戦  ~修正できなかった秋山。打線も沈黙し、2連敗~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日も名古屋で中日戦がありました。

タイガース先発は開幕ローテ投手の秋山。安定感のある投球を期待してましたが、この日はコースが全体的に高く、ストライクを取るのに苦戦。また、ストライクを取りに行ったボールを中日打線に狙われ、失点を積み重ねられてしまいました。

打線は・・・この日は中日の新助っ人の前に完全に沈黙でした。

では簡単に試合をみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs中日ドラゴンズ(後攻)

タイガース先発は秋山、対する中日先発は新外国人のジー(昨季レンジャーズとツインズの2球団でプレーし、18試合に登板して3勝2敗、防御率3.47。2011年と13年には2ケタ勝利を挙げるなど、メジャー通算51勝を記録する、「本物のメジャー級投手」)で試合が始まりました。

初回の中日の攻撃。秋山は先頭の大島にヒットを打たれます。捕手・原口の送球ミスで3塁に進まれ、4番ビシエドにライトへタイムリーを浴びます。中日が1点を先制。

続く2回裏。ヒット2本で1.2塁とされ、1番大島にカットボールをライトスタンドに運ばれます・・・中日が3点を追加(神0-4中)。

さらに5.6.7回(7回は2番手の桑原)にもタイムリーやホームランなどで計4点を奪われたタイガース投手陣。

頼み打線も中日のジーの前にことごとく凡退し、以降も祖父江伊藤・育成の木下 雄介を打てず。

結局、0-8で2日連続の完敗。収穫はジーを見れたことぐらいかな。

オープン戦とはいえ、ファンにとってこんなつまらない試合は辞めて欲しいんですが・・・

秋山は心配してない

昨日の投手リレーは

秋山(6回)ー桑原(1回)ーマテオ(1回)

でした。主力のみのリレーですね。本番モードかな(だが8失点)。

秋山はコントロールがいまひとつ。ストレートも昨日は140km/h付近ばかりで、いまいち球が走っていなかった印象を受けました。6回を投げて10安打7失点(自責点6)。最後まで修正できませんでした。

確か昨年もこの時期に炎上して「ローテ本当に大丈夫か」的なことを言われてましたね。

だから個人的には全く心配していません。

本人も、

「前回はうまく抑えていますし、見せ過ぎるのもどうかと思った中で極端にいった。そこを中日打線が狙い打ちしてきた感じがあり、今までと違う対応をしてきた。そこは今後に生きると思う」

とコメント。前回登板と同じような配球で勝負し、それを中日の各打者が上手く対応したというところですね。確かに同じ球種を多投してましたし。何か考えがあった昨日の登板だったと思います。

ただ、コントロールが悪かった、球速がいつもより出ていなかったのは事実。そこはうまく修正してもらいたいです。

初対戦だったから・・・ということで

打線はまったく打てず。新外国人のジーの前に0を並べてしまいました。

特にチェンジアップに苦しんでいた印象を受けます糸原の三振なんかかなりの落差がありましたね。

あれはちょっと初見では打てないかな。

また、外国人投手特有の動く直球やその他の変化球も精度が高い印象を受けました。

昨日はそう言ったジーの情報を集めることが主目的だったということで。次は打ってね!

ということで昨日の試合をみてきました。

まだオープン戦ということで、あまり悲観せず。ようやくスタメン構想もはっきりしてきた段階なので。

一昨日からの起用を見るとショートは糸原、センターは高山かな。

後、今日から植田が一軍に昇格とのこと。降格は中谷・・・まあ仕方ないよね(参照:サンスポ)。

次はベンチ枠の競争が激しくなりそうです。

(画像参照:https://www.daily.co.jp/opinion-d/2016/10/16/0009584132.shtml)

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク