阪神タイガース セ・リーグ順位予想! part1 ~ロサリオら、野手陣の活躍が必須!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

開幕まであと1日。いよいよ待ちに待ったシーズンが始まります。

ということで今回は2018年シーズンのセ・リーグ順位予想をしていきたいと思います。

新聞やメディアの間では「4強2弱」と言われる今シーズン。私の予想は・・・

私的予想!

1位:阪神タイガース

条件付きで我等がタイガースにしました。

「条件つけたらダメ!」という声が聞こえてきそうですが、やっぱりタイガースファンなので・・・1位に予想したい!

昨シーズンは2位。リリーフ陣の力でつかんだ印象がありますが、しっかりと先発陣が試合をつくり、打線がある程度打った中で勝ち続けたからこその順位でしょう。いくらリリーフが良くても勝つことができないので。

昨シーズンからのマイナス点はFAで流出した大和のみ。これらから、今年も戦力層はセ・リーグの中で上位にあると思います。

陣容と不安材料

先発は豊富。計算できない若手投手が多い印象がありますが、一軍である程度試合をつくれる投手が揃っています。リリーフは昨シーズン同様盤石です。

ただ問題は・・・打線ですね。

昨シーズンの陣容から、長打の打てる助っ人のロサリオが加わり、打線に厚みができると思い・・・たいが!

優勝のための条件は

逆にこのロサリオが全く駄目だと、2位はおろか3位に下がる可能性もありそう。

ということで、優勝するための一つ目の条件は「ロサリオが期待通りに4番として働いてくれる。成績は30本塁打90打点!」です。日本の野球になれさえすれば、いけるはず!

そしてもうひとつ。下位打線の働きです。特に6.7番を打つであろう大山高山のある程度の活躍が必要だと感じています。

なので、二つ目の条件は「大山・高山がシーズンを通して活躍する!成績は・・・どちら打率.280かな」です。要求した打率はかなり高い方だと思いますが、これくらいはしてくれないとね。特に高山は、打つ方しか期待できないので、もう少し高くてもいいと思いますが。というか彼の場合、これくらいは打ってくれないとすぐ俊介にポジションを取られるでしょうね。二軍には中谷もいるので。必然的に彼に求められる成績は高くなるでしょう。ますは、ルーキーイヤーの成績を期待しています。

今回は1位を予想しました。

タイガースを選びましたが、上に書いた2つの条件をクリアしないと優勝はまず無理でしょうね。

ただ、戦力的にはセ・リーグ上位。Aクラスは間違いないと思います。

そこからの上積みの大切!

ロサリオ・大山・高山の活躍に期待しています!ファイト!

次回は2.3位をピックアップしていきます。お楽しみに

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク