阪神タイガース 4月1日 vs巨人戦  ~秋山、一発に泣く・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

昨日も、敵地東京ドームで巨人戦がありました。

タイガース先発は今シーズンも先発の柱として期待がかかる秋山 拓己。なかなかのピッチングを見せてくれましたが、岡本の一発が痛かった・・・

打線は・・・つながりがありませんね。初戦の菅野、二戦目の田口相手には連打を見せてくれましたが、どうも二戦目の後半からヒットが出るもあと一本が出ないという状況が続いています。

ただ、ロサリオに待望の一本が出ました。これは好材料。

では昨日の試合をみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs読売ジャイアンツ(後攻)

タイガース先発は秋山、対する巨人はFAで西武から移籍した野上で試合が始まりました。

先制したのはタイガース。2回表に2アウトから8番梅野が右中間へソロホームラン!1点を先制します。

さらに4回表。先頭のロサリオが野上の甘く入ったスライダーを完璧にとらえ来日初ホームラン!タイガースが1点を追加します。

しかし、その裏。秋山が坂本ゲレーロに連打を浴び、2.3塁のピンチを迎えます(高山の守備が痛かった)。1アウトを取った後、6番の岡本。その初球。インコース高めのストレートをレフトスタンドへ運ばれます・・・3点ホームラン。ここで巨人に逆転を許します(神2-3巨)。

反撃したいタイガース打線。しかし5回以降、ヒットは出るものの。あと一本が出ず。9回も巨人の守護神カミネロから福留がツーベースを放つも大山糸原が打ち取られゲームセット。2-3で敗北。開幕カードは負け越しとなってしまいました。

勝利投手:野上(1勝0敗)

セーブ:カミネロ(0勝0敗1S)

敗戦投手:秋山(0勝1敗)

【本塁打】神 梅野1号 ロサリオ1号

巨 岡本2号

画像参照:

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018040101/stats

この試合のポイント

・4回の高山の記録に残らないエラー

・岡本への配球

・つながりにかけた打線。特に大山。2度の好機に凡退

秋山はさすが安定感。だからこそもったいなかったなぁ

この試合の投手リレーは

秋山(6回)ー石崎(2回)

でした。

石崎はロングリリーフ。今日明日と試合がないので、2イニング目は他のリリーフ投手でも良かったと思いますが、首脳陣が試したかったんでしょうね。いわゆるテスト登板。しかし、石崎もしっかりと首脳陣の期待に応え、0に抑えました。ナイスピッチング!

そして秋山。

昨日はコントロールがいつもより悪かったですが、ストレートに力があり、変化球で空振りも取れていました。特にカーブが良かったですね。打者の目線を変えるのに有効でした。結果は6回5安打3失点。QSは達成しました。

悔やまれるのは4回。高山のミスもあり2.3塁のピンチを迎えて岡本。この試合、インハイを使った配球をしていましたがそれを狙われたのかな・・・初球のインハイのストレートをスタンドに運ばれてしまいました。簡単に言えば配球ミス。不用意に勝負した印象を受けます。しかし岡本もなかなかやりますね。配球を考えて打ったなら見事です。

しかし、秋山も失点はこの一発だけ。相変わらず安定感です。次の登板での初勝利を期待しています。

高山よ、本当に出番がなくなるぞ

さて、打線は初戦の勢いはなく。初回のノーアウト2塁のチャンスで点が入らなかったことや大山の2度の好機での凡退が痛かったです。

ただホームラン2本出ましたね。

梅野、ナイスバッティング!やっぱり下位でホームランを打てる選手がいるのが良いですね。相手も嫌がるので。これからもよろしく。

ロサリオ、来日初ホームランおめでとう!見事な当たりでした。地味にここまで毎試合打点を挙げていますね。この調子でどうぞ。

そして悪かったのが高山。最低限の守備をしてくれ。昨日のゲレーロの打球もグローブにあたっているのだから取らないと。普通に落球だよ、これは!守備は別にうまくなくていいから、最低限レベルになってくれ。というか、なんでエラーが付かなかったのかわからない・・・

という感じで、開幕カードとなった巨人戦は負け越し。うーん少しもったいなかった印象ですね。まあ敗因は分かっていると思うし、まだシーズンは始まったばかり。

頑張れ、タイガース!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク