阪神タイガース 4月5日 vsDeNA戦  ~さすがはエース!メッセンジャーの好投で2日連続の接戦を制す~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

出典元:baseball.yahoo

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日も横浜スタジアムでDeNA戦。

試合は一言でいえば、ロースコアの接戦。

この日はメッセンジャーと、DeNAのドラフト1位左腕・の白熱した投手戦となりました。

そんなメッセンジャーを援護したい打線は・・・ヒットは出るものの、なかなか点が入らず。繋がりに欠ける印象です。

では試合を簡単にみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(先攻)vs横浜DeNAベイスターズ(後攻)

タイガース先発はメッセンジャー、対するDeNA先発は東で試合が始まりました。

序盤は両チーム点が入らず。両投手が素晴らしい立ち上がりを見せてくれました。

試合が動いたのは4回表。タイガースは1アウトからロサリオ福留の連打で2.3塁のチャンスをつくります。ここで6番に入った大山がレフトへ鋭い当たりを飛ばします。惜しくもフェンス手前で捕球されますが、犠牲フライには十分。3塁ランナーの福留がホームに帰り、1点を先制します。

さらに終盤の8回表。先頭の高山がDeNA2番手の砂田からヒットを放ちます。2番に入っていた上本(対左なので)がバントを決め、続くは3番糸井。昨年相性の良かった(4打数2安打、打率.500)相手のスライダーを捉え、フェンス直撃のタイムリーツーベースを放ちます。1点を追加(神2-0D)。

先発のメッセンジャーはボールを低めに集め、丁寧なピッチング。フォークも鋭く落ち、空振りを奪っていました。8回を無失点に抑えます。

そして、9回は抑えのドリス。筒香を含む打者3人を完璧に打ち取りゲームセット。2-0でDeNAに勝利。2日連続の接戦をものにしました。

今シーズンのカード初の勝ち越しです。

スコア

勝利投手:メッセンジャー(2勝0敗)

セーブ:ドリス(0勝0敗2S)

敗戦投手:(0勝1敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・中5日で先発したメッセンジャーの力投

・8回の追加点(1点と2点では全然違う)

メッセンジャー、ナイスピッチング!

今日の投手リレーは、

メッセンジャー(8回)ードリス(1回)

でした。

先発のメッセンジャーは、初回からコントロールが良く、安定感抜群でしたね。

スピードはあまり出ていない印象を受けましたが、フォークの精度が良く、DeNAの各打者を抑え込んでいました。

8回を投げて3安打無失点。奪三振は11個とメッセンジャーらしいピッチングを見せてくれました(通算24回目の二桁奪三振。これは外国人投手の最多記録だそう)。球数も96球と100球未満という省エネぶり。

文句のつけようのない「2勝目」です。

打線はヒットは出るが・・・でも8回は良かった

相変わらず得点ができない打線。

今日はDeNAの新人左腕の東の前に7回6安打1得点でした。

ヒットは出ていますが、それが得点にならないケースが多くもったいない印象があります。

ただその中で、8回の攻撃は良かったですね。1番が出て、2番がバントで送り、3番が返すという理想的な攻撃。これを続けて欲しい。

そして、7番の糸原が調子いいですね。今日も初対戦、そして左の東相手に2安打をマーク。特に1打席目はうまく流したレフト前ヒット。オープン戦からの好調を維持しています。

打順を上げてもいいかもしれません。

カード初勝ち越しを決めたタイガース。

明日からは場所を京セラドームに移して、中日を迎え撃ちます。

先発はメッセンジャー同様、中5日で登板となる藤浪。正直予想外でしたが・・・

今シーズンの初勝利期待しています。途中で崩れるのはやめてね!

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク