阪神タイガース 4月6日 vs中日戦  ~藤浪、突然の乱調(昨年から何度も見ているが)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

本拠地開幕戦。甲子園ではなく、京セラドームですが、始球式では陸上の桐生 祥秀がマウンドに。ファンを盛り上げてくれました。

そんな中で始まった今日の中日戦。タイガース先発は藤浪

前回よりも球が荒れ、コントロールが良くありませんでした。良いピッチングとは言えないですね。

打線も左の本格派・小笠原を打てず。今日は小笠原のストレートの球威に押されていました。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs中日ドラゴンズ(先攻)

タイガース先発は藤浪、対する中日先発は高卒3年目の小笠原 慎之介で試合が始まりました。

初回。いきなり藤浪がバタバタします。先頭の大島に四球を与え、続く京田のバントを一塁に悪送球。自分のミスで1.3塁のピンチを迎えます(上本の一塁カバーが良かった!)。そしてアルモンテのところで足を滑らせ暴投・・・ヒットなしで1点を先制されます。

しかし、その裏。2番上本が四球で出塁し、続く糸井がライトへ2点ホームラン!タイガースがすぐに逆転に成功します。

先発の藤浪は、2.3.4回は直球のコントロールが良く、中日打線を抑えます。

しかし5回表。先頭の高橋に内野安打、松井雅にエンドランを決められ、1.3塁のピンチを迎えます。さらに四球で満塁として2番京田に押し出し。中日が同点とします(その後のピンチは変わった石崎が抑える)。

終盤の8回表。タイガースは4番手・岩崎(回跨ぎ)が1.3塁のピンチを迎えます。ここでバッターはタイガースに相性のいい福田。岩崎の外角のストレートをうまく右に流されてタイムリーを許します。勝ち越されてしまいました。

最終回。タイガースは先頭の大山がツーベースでチャンスをつくりますが、8番梅野がスクイズを決めきれず(あの中日の警戒網の中で成功させるのは難しいでしょう。というか向こうは絶対にスクイズして来るという感じで守っていたので。あれは采配ミス)。

結果、2-3で敗北。連勝は2でストッキングし、本拠地開幕戦を白星で飾れませんでした。

スコア

勝利投手:小笠原(1勝1敗)

セーブ:田島(0勝0敗2S)

敗戦投手:岩崎(0勝1敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

藤浪を投げさせたこと(リリーフのやりくりが大変)

・9回の攻撃。スクイズに固執した采配

藤浪・・・(何も言えない・・・)

今日の投手リレーは

藤浪(4回2/3)ー石崎(1/3)ー藤川(1回)ー岩崎(2回)ー高橋聡文(1回)

でした。

先発の藤浪。5回途中まで投げて2失点。先発の役割を果たすことができません

勝利投手の権利まであと1死に迫りましたが、ここでまたしても突然の制球難・・・

1点リードの5回2アウト2.3塁から大島にストレートの四球で満塁に。続く京田にもストライクが入らず、押し出し。ここで金本監督が交代を告げました。

「抑えたいという気持ちが力みに変わってしまい、思うような投球ができずに悔しいです」

試合後、このようなコメントを残した藤浪。

私も期待はしています。復活してほしいと思っていますが・・・このようなピッチングを続けられると、リリーフ陣の負担がすごいことになるんですよね。

もう少し、投球フォーム?の修正が必要かなと。それで抑えられるか全くわかりませんが。

打線は小笠原を打てず

速球派の左腕を苦手としているタイガース。

この日もストレートが武器の小笠原を打てず。ストレートに加え、同じ腕の振りから投げられるチェンジアップの対応にも苦戦し、5回まで糸井のホームラン1本に抑えられました。

確かに小笠原は良いピッチングを見せましたが、コントロールはそれほどいいわけではないので(四球は5個)、狙い球を絞ったり、コースを決めて打つという対策はできたと思います。

次は打ち崩してほしいですね!期待しています。

明日はデーゲーム。先発は秋山です。今シーズンの初勝利へ。取りあえず、7回は投げて欲しいなぁ。期待しています。

ではこの辺りで

By for now!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク