阪神タイガース 4月13日 vsヤクルト戦(1回戦)  ~藤浪は良く投げた!だが・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

さて、今日からヤクルト戦。オープン戦ではこっぴどくやられた相手。

今シーズン、青木が加わった打線は脅威です。一時打ちまくっていましたね。ただ、その勢いはなく、現在のチーム状況はタイガースと似たり寄ったりです。

そんな中行われた一戦。タイガース先発は藤浪。今シーズンはまだ勝ちがなく。初勝利を狙った登板でした。その結果は・・・

まあ、簡単にみていきます。

試合内容・結果

阪神タイガース(後攻)vs東京ヤクルトスワローズ(先攻)

阪神先発:藤浪・ヤクルト先発:ブキャナン

・2回表:1.2塁から坂口がライトへ先制タイムリーヒット! 神0-1ヤ

・8回表:ランナーなしから山田哲が左中間へホームラン(投手:岩崎) 神0-2ヤ

・9回裏:ランナー1塁から福留が右中間へ2ランホームランで阪神同点! 神2-2ヤ

・10回表:ドリス雄平に勝ち越しのタイムリーヒットを許す・・・ 神2-3ヤ

試合終了。2-3で敗北。カード初戦を落としてしまう。

スコア

勝利投手:カラシティー(1勝0敗3S)

セーブ:石山(0勝0敗1S)

敗戦投手:ドリス(0勝1敗5S)

【本塁打】神:福留 2号・ヤ:山田哲 2号

この試合のポイント!

・ヤクルト先発ブキャナンを打てず、粘れず。結果、凡打の山をつくったこと(福留さん、もう少し早く打ってほしかった…)

・ギリギリで同点にした直後の10回表、ドリスが失点(山田にいきなり長打を打たれたのが痛かった…)

藤浪は急によくなったね(梅野のアシストが良かった?)

今日の投手リレーは、

藤浪ー岩崎-マテオードリス

でした。

ドリス・・・少し、不用意に勝負してしまったなぁ。球もそんなに悪くなかった印象でしたが。まぁ切り替えていきましょう。

先発の藤浪。序盤はバタバタ。

2回、ヤクルト打線が早いカウントから打ってきて、それに戸惑ったのか連打を浴びてしまい1点を奪われました。その後、中村に四球を与え、ノーアウト満塁のピンチ。「やばいやばい、二日連続で早い回の降板はやめてくれ!」と思いながら見ていると、次の打者・ブキャナンが投手ゴロダブルプレー!その後に1番の山田を打ち取り、なんと無失点。ズルズルいくかなと思いましたが、持ちこたえてくれましたね(打順もよかった)。

そして、分岐点となったのは次の回。先頭の山崎の出塁を許し、「おいー落ち着いてくれ」と思いましたが、このランナーの盗塁を梅野が刺したことで藤波のピッチングが変わりましたね。ストライクゾーンにボールを集め、落ち着いたピッチングを披露。早打ちだったヤクルト打線の援護?もあってかスイスイと投げていました。

結局、7回を投げ、5安打1失点全体を見るといい投球でした。

試合後、

「最低限、ゲームを作ることができました。先頭打者を出してしまったり、いい流れをもってこられるようなピッチングではなかったのですが、練習してきたボールを投げることができました」

とコメント。次回につながる投球でした。

ただ、今日はヤクルトが積極的に打ってきた影響も少なからずあったと思います。

「ボールを見極められるとどうか?」これが次回登板のポイントになると思います。

打線(あまり触れたくないが、福留さんおめでとう!)

打線は先発のブキャナンを打てず。凡打の山・・・同じような内野ゴロばかりでした。特に1.2番は酷かったです。はぁ・・・

そんな中、9回に福留が意地の一発。日米通算300号となる同点アーチを放ちました。

福留さん、おめでとうございます!

さて、明日はデーゲームが組まれていますが、雨で中止が濃厚。

先発は秋山。できればやってほしいがどうでしょうね・・・一応、秋山の安定感ある投球を期待しています。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000133-dal-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000126-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク