ドラフト2018 身体能力の高い素材型!立命館大・辰己がアピール成功!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

9球団のスカウトの前で4打数2安打!

関西学生野球春季リーグ戦 立命大3―2京大

秋のドラフト候補、立命大・辰己 涼介(4年)が9球団のスカウトが視察したリーグ開幕戦で、4打数2安打とアピールに成功
9回無死1塁では左翼へ二塁打を放ち、奈良の決勝2点適時打につなげました。

試合後、

「1本出てちょっと調子に乗った。欲が出た」

と苦笑。訪れた巨人の岡崎スカウト部長は、

「三拍子そろった選手。足が速いし、肩も強いし、打撃もいい」

と今後も注目していくことを明言(巨人は立命館大出身を取っていますね。現役では桜井。その他、楽天で活躍した金刃も巨人に1位で指名されています。辰己もあるかもしれません)。

リーグ最多安打更新を見据える

辰己 涼介

辰己はリーグ通算100安打まであと15本。元オリックス・田口 壮(関学大)のリーグ最多123安打更新も見据えています。

記録更新なるか。注目です。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000209-sph-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク