阪神タイガース 4月14日 vsヤクルト戦(2回戦)  ~昨日とほとんど同じ展開・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

今日は雨で中止濃厚と言っていましたが、できましたね。それが良かったのか悪かったのか・・・

今日の試合、タイガース先発はローテの柱・秋山 拓己。内容は良かったよ。でも、この打線の状態で先制点を許してはね・・・

なんというか、オープン戦のような感じになってきましたね。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園

阪神タイガース(後攻)vs東京ヤクルトスワローズ(先攻)

タイガース先発:秋山・ヤクルト先発:石川

・6回表:ランナー3塁からバレンティンがレフトへ先制タイムリーツーベース 神0-1ヤ

・7回表:坂口が右中間へソロホームラン 神0-2ヤ

・8回表:藤川からバレンティンがセンターへ2点タイムリーツーベース 神0-4ヤ

ランナー3塁から奥村がセンターへ犠牲フライを放つ 神0-5ヤ

・9回表:伊藤和西浦にセンターへタイムリーヒットを打たれる 神0-6ヤ

試合終了。0-6で敗北。今シーズン初の完封負けで3連敗。

スコア

勝利投手:石川(2勝0敗)

敗戦投手:秋山(1勝2敗)

【本塁打】ヤ:坂口 1号

この試合のポイント!

・打線です・・・今日は先発オーダーをいじるも、効果なし。好投した秋山を見殺しに

・リリーフで計4失点。万事休す

もったいない、伊藤

今日の投手リレーは、

秋山(7回)ー藤川ー伊藤和

でした。リリーフの2人は失点。計4点も取られたことが痛かった。2人とも先頭打者の出塁を許したことが失点につながりました。

残念なのは伊藤。負けている試合展開でしか登板機会がない彼にとってはアピールの場面。なのに、点を取られてしまうと、すぐ二軍に落とされてしまいますよ。

次は気を付けて!先頭は大事に。

秋山は良く投げた

そして、先発の秋山について。

7回を投げ、4安打2失点。文句なしの好投でしょう。

球数も少なく、98球。ストレートに力があり、コントロールも良かったです。相変わらず安定感のあるピッチングを見せてくれました。

ただ、本人は、

「低めを意識して丁寧に投げることでゲームを作ることはできましたが、バレンティン選手に対して高めに浮いてしまった1球が悔やまれます」

と先制されたシーンを反省しています。確かに今日のような投手戦(中盤まで)で先に点をやってはいけませんが。それを置いてもナイスピッチング!

次も頼みます。

打線・・・(昨日に続いてあまり書きたくないなぁ)

点を取れないタイガース。

先発オーダーをいじってきました。1番俊介・2番山崎(移籍後初先発)を上位陣に置き、6番糸原・7番大山と下位を打つ2人を入れ替えました。

しかし、不発。俊介・山崎はノーヒット。下位2人もチャンスで打てず。

そしてロサリオ。今日はランナーがいる場面でよく回ってきましたが、ノーヒット。併殺は2つという結果。うーん・・・

まあ、1.2番が塁に出ず、4番が打たないと勝てませんね。

打順を組み替えたこと自体は良いアイデア。ただ、打っている糸井と福留の前にチャンスをつくれるような打線をつくることが、現状一番大切なことだと思います。

さて、明日の先発は今シーズン初登板になる岩貞です。

試合をつくるようなピッチングを期待しています。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00179502-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク