ドラフト2018 2年前のドラフト上位候補、日本通運・生田目が好投!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最速は151km/h

「社会人野球・JABA岡山大会 予選Aブロック 日本通運6―0シティライト岡山」

生田目 翼

今秋ドラフト候補の日本通運・生田目(なばため) 投手(流通経大)が公式戦で初先発し、7回を4安打無失点に抑えてチームの勝利に貢献しました。

広島、西武など8球団のスカウトが見守る中、球場表示で151キロの直球を軸に5回2死まで無安打投球。疲れの見え始めた6回と7回は、いずれも2死1.2塁のピンチを背負ったが、力のある直球で後続をねじ伏せました。

試合後、

「初回は緊張してストライクが取れなかったが、うまく修正できた。(プロは)意識しないで、投げさせてもらう時にしっかり投げるだけ」

とコメント。

2年前のドラフトでは上位指名確実と言われた逸材。

ただ、その年は投手豊作の年(阪神だと小野・才木が指名)。自身のケガもあり、残念ながら指名漏れを経験。その悔しさを糧に、日々成長を続けています。

秋が楽しみですね。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000112-spnannex-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク