阪神タイガース 4月21日 vs巨人戦(5回戦)~チャンス✖~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日はデーゲーム。昨日に続いての巨人戦でした。

タイガース先発は秋山。安定感抜群の右腕の登板でしたが、1日(今シーズンの初登板)の巨人戦と同じ1イニングに3失点。内容は良かっただけに悔いが残る1イニングとなりました。

打線はなんと巨人上回る9安打を放ちながら得点なし・・・相手の好守もありましたが、これでは(何も言えず・・・)

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園(14:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vs読売ジャイアンツ(先攻)

阪神先発:秋山・巨人先発:田口

試合

先発した秋山が5回を投げて、8安打3失点で降板。試合は作ったものの、4回に集中打を浴びてしまいました。

打線は毎回のように走者を出しながら、あと1本が出ず。特に6回。先頭のロサリオが、左翼線二塁打で出塁。福留の死球、原口の四球で無死満塁を作りました。しかし、続く糸原が浅い中飛に倒れると、この日8番に降格した大山が、投ゴロ併殺・・・

その後も得点上げられなかったタイガース。相手を上回る9安打を打ちながら、決定打を欠き敗戦。カード負け越しも決まりました。

スコア

勝利投手:田口(1勝1敗)

セーブ:カミネロ(0勝0敗3S)

敗戦投手:秋山(1勝3敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・先頭を出し過ぎた秋山。5回中4回も出してしまいました(これでは野手もリズムをつくれない)

・6回、ノーアウト満塁の好機で点が1点も入らない

・大山、三度の好機をつぶす(正直、アンラッキーばかりだったが。結果が大事)

秋山が流れを持ってこれなかった

今日の投手リレーは、

秋山ー藤川ーマテオー石崎

でした。秋山が降板した後の6回からは、西武から移籍して一軍初昇格となった岡本が投げると思いましたが(ロングリリーフとして)、登板はなく。ちょっと楽しみだったんですけどね。昨年の交流戦で巨人相手に好投していたので。次を期待しましょう。

さて、先発の秋山。

5回8安打3失点で降板。3回までは無失点でしたが、4回に5安打を許して3失点。ゲーム自体は作りましたが・・・

今日は捕手が初スタメンの原口。原口の考えなのかカーブを多めに使っていました。ただ、そのカーブの精度がいまひとつ。真ん中にいくことが多く、4回の岡本にはそれをうまく打たれてしまいました(先制打)。

試合後、

「ピンチの場面で粘りきることができずに、相手の勢いを止めることができませんでした」

とコメント。

流れを持ってくるピッチングができず、今シーズンの3敗目を喫してしまいました。

4回の場面・・・

チャンスでの一本が出ず・・・

今シーズン初のスタメンマスクとなった原口

打線は・・・チャンスは多かったんですが。

相手の好守に阻まれたりと運がなかったのもありましたが、全体的に力んでしまいましたね。

ヒットは打てていたので、もったいないですが・・・

打順を入れ替えたり、原口をスタメンで使ったりと、今は試行錯誤中ですね。

その原口がマルチ安打。チャンスを広げる良い働きを見せてくれました。アピール成功です。

ただ、調子のよかった糸井が下降気味なのが気がかりですが。ロサリオが不安定なので、なんとか持ち直してほしいところです。

さて、明日は高橋 遥人が2回目の先発。

2連勝といきたいですね。期待しています。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00186005-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク