阪神タイガース 4月22日 vs巨人戦(6回戦)~高橋、プロの洗礼を受ける~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

今日も甲子園で巨人戦。正直、悪い予感がしていました。

この時期の甲子園の巨人は強いんですよね、なぜか・・・「巨人調子が悪い?いやいや甲子園では復活するよ」と考えていましたが、本当にそうならなくても・・・

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園(14:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vs読売ジャイアンツ(先攻)

阪神先発:高橋遥・巨人先発:野上

試合

タイガースは1回、2死一、三塁から、福留が野上のチェンジアップを捉え、右前へのタイムリー。幸先よく先制します。
しかし、先発のドラフト2位ルーキー・高橋遥(亜大)が四回に逆転を許してしまいます。
3回までは坂本勇の右翼へのポテンヒット1本のみに抑えていましたが、無死から吉川尚、ゲレーロに連続二塁打を浴びて同点に追いつかれると、1死三塁から岡本に勝ち越しの中前適時打、続く亀井に適時二塁打、小林にも左前適時打を浴び、4失点。
さらに高橋は5回にも無死からゲレーロ、マギーに連打されると、続く岡本にバックスクリーンへ3ランを被弾。結局、4回0/3を9安打7失点KOと、初めて厳しいプロの洗礼を浴びました。

その後、リリーフ陣も打たれたタイガース。1-10で大敗。カード3連敗となり、4月14日以来の借金生活になりました。

あと、対巨人5連敗です。

スコア

勝利投手:野上(2勝1敗)

敗戦投手:高橋遥(1勝1敗)

【本塁打】巨:岡本4号・ゲレーロ3号

この試合のポイント!

・高橋が試合をつくれなかった

・相変わらずの低打線・・・

これも経験

今日の投手リレーは、

高橋遥人ー石崎ー岩崎ー高橋聡文ー岡本

でした。

すでに5回表に高橋遥人が降板した時点で7点差。ここは投げ過ぎのリリーフ陣を休ませるためにもロングリリーフができる岡本を6回から使うべきだったと思いましたが。現状の打線ではまず7点ひっくり返す力はないので。なので。3連投となった石崎や岩崎を使ったのは意外というか・・・ダメでしょ!

そして、先発の高橋 遥人

5回途中9安打7失点(自責6)でノックアウト。

ストレートは140km/h後半が出ていました。調子自体は前回登板(広島戦)と変わらないと思いましたが、少しストライクを取りにいきすぎましたね。

甘く入ったところを巨人の打者に打たれてしまいました。

降板後、

「ボール先行の投球になってしまい、甘く入った球を打たれてしまいました。先発の役割を果たすことができず、リリーフの方にも野手の方にも迷惑をかけてしまいました。力不足です」

とコメント。そんなボールが先行したという印象はなかったですが・・・

次、期待ですね。

4回、ピンチの場面の高橋遥人

打線は特にいうこと無いけど(悪い意味で・・・)

うーん打線はねぇ。今日はヒットも5本と少なめ。

初回、糸井のデットボールから1点を取りましたが、後が続かず。昨日は打力がある原口が7番・捕手。その分チャンスは作れていましたが、今日は梅野。やっぱり打線の迫力が違うなぁ・・・

また、昨日に引き続き上本が二塁でスタメン出場。ケガの具合がいいのかスタメンが増えていきそうですね。待っていました!(ただ、打撃の調子自体は良くないのが残念・・・)

カード3連敗を喫したタイガース。

特に深刻なのは野手陣。点が取れない・・・

これは二軍入れ替えがありそうです。今、調子のいい板山・江越あたりかな。面白くなりそうです。

入れ替え自体有るかわかりませんが

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000094-dal-base.view-000

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00186983-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク