阪神タイガース 4月25日 vsヤクルト戦(4回戦)~「地方球場の鬼」はさすが!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日から松山でヤクルト戦。しかし、昨日は雨で中止。

今日も雨が心配されましたが、大丈夫!予定通り試合が行われました。

先発はエース・メッセンジャー。地方球場では通算6試合に登板し、5勝負けなし。「地方球場の鬼」と言える存在です。そんな中、今日も相性通りのピッチングを見せてくれました。

打線は拙攻が多かったですが、先制・追加得点ができましたね。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

松山・坊っちゃんスタジアム(18:20プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs東京ヤクルトスワローズ(後攻)

阪神先発:メッセンジャー・ヤクルト先発:ハフ

試合内容

予定されていた24日の登板が雨で中止となり、スライドでマウンドに上がったエース・メッセンジャー。立ち上がりから安定感のある投球を披露しました。力のあるストレートを軸に7回3安打1失点、今季最多の110球の熱投を演じた。

打線は小刻みに加点。1-0で迎えた三回には2死走者なしから福留、糸原、大山の3連打で追加点。7回にはロサリオ、糸原のタイムリーで2点を挙げ、突き放した。

結果、4-2で勝利。メッセンジャーはセ・リーグトップタイの4勝目をマーク。相性のいい地方球場で、これで7戦6勝となった。

スコア

勝利投手:メッセンジャー(4勝1敗)

セーブ:ドリス(0勝1敗8S)

敗戦投手:ハフ(0勝3敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・「地方球場の鬼」メッセンジャーの快投!

・7回表、チャンスでロサリオ。辺りはそこまでよくはなかったがタイムリーを放ち、欲しかった追加点が取れた

メッセンジャーの快投

今日の投手リレーは、

メッセンジャーー桑原ードリス

でした。

今日は何といってもメッセンジャーの投球でしょう。

7回を投げ3安打1失点。初回、3者凡退に抑え上々の立ち上がり。4回に1死二塁でバレンティンにライトへタイムリー二塁打を許し、一時、1点差に詰めよられました。しかし、そこからは点許さず。相性のいいヤクルト打線を封じ込めました。

今日はスライダーの制球が良かったですね。空振りも多く取れ、ピッチングに余裕が生まれていました。

ヒーローインタビューでは、4勝目を挙げたことを聞かれ、

「チームスポーツですからチームメートに感謝したい。あれだけ点を取ってもらわないと勝ちがつかない」

と感謝のコメント。これからもどんどん勝ってもらいたいですね!

好投するメッセンジャー

打線はそこそこ打ってくれました

打線は状態は相変わらず。悪そう。

特にチャンスになると力が入るのかゴロになってしまいます。特にロサリオ・大山(ロサリオはタイムリーを打ったが、あれはコースヒットぽい)。

そんな中、糸原が3安打1打点。

対左で.455という好成績。かなり打っています。というか右の.195という数字が低すぎますが。もう少し、右投手から打ってほしいです・・・でもナイスバッティング!

さて明日・明後日はお休み・・・ゴールデンウイークの日程の関係ですね、残念ですが。

そして、休み明けはマツダスタジアムで広島戦が控えています。いい勝負をしたいですが、怖いですね(今日も二桁得点の広島打線)。

まあでもやっぱり楽しみです。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000134-dal-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00190110-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク