ドラフト2018 昨年秋の最優秀防御率左腕が好投!亜大・中村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

138球の力投!

「東都大学野球春季リーグ 亜大3-1中大 (4月20日)」

中村 稔弥

亜大が3-1で中大に勝利。今秋ドラフト候補左腕の中村 稔弥(としや)投手(4年・清峰)が9回1失点、10奪三振の好投で今季2勝目を挙げました。

17日の中大戦で勝ち星を挙げたものの、制球に苦しみ6四死球。不安定な投球になってしまいました。しかし、この日(20日)は右手の使い方を変え、しっかりとためを作って投げ込みます。

「自分が粘って投げられた」

と左打者の外角へ狙い通り攻め、6回からは4者連続奪三振も記録。

オリックス・古屋編成部副部長は、

「ピッチングに意図がある。(前回登板から)修正してきた」

と評価しました。

また、3回に先制を許しながら、崩れずに最少失点で切り抜けたことも自信になったでしょう。チームの勝ち点獲得に貢献する138球の力投でした。

昨秋、防御率1・22で最優秀防御率に輝いた左腕。

今季も大黒柱としてチームを引っ張ります。


出典元

https://www.daily.co.jp/baseball/2018/04/20/0011182040.shtml

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000555-sanspo-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク