ドラフト2018 恩師はダルビッシュを育てた男!埼玉栄・米倉が好投!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

MAXは144km/hとまずまず

春季高校野球埼玉大会・2回戦、埼玉栄10-0熊谷工」 (4月26日)

デイリー

米倉 貫太

埼玉栄(タイガース・山崎の母校)が2回戦に登場。

「ダルビッシュ2世」の異名を持つドラフト注目の右腕・米倉 貫太投手(3年)が先発し、4回無失点9奪三振と好投しました。

この日は変化球主体の投球。カーブ、スライダーなどを使っての投球を披露。

「腕を振ろう」という強い意識で三振の山を築きました。ストレートもスカウト陣のスピードガンで144km/hをマークするなど、力は十分。3回から五者連続奪三振に阪神・平塚スカウトは

よかったね。直球も悪くない

と高評価。

監督はダルビッシュを育てた名将!

埼玉栄の監督は東北高時代、ダルビッシュ(現カブス)を育てた若生 正広監督(67)。

米倉は若生監督の勧めで、3月からワインドアップに変更しました。それが実ったのか、

体を大きく使えるし、打者を威圧できる

と効果を感じ始めています。

また一人、楽しみな選手が現れました。

出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000025-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク