阪神タイガース 5月9日 vs巨人(8回戦)~ミスをした方が負け~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日、3.4月の月間MVPが発表され、セ・リーグ投手部門でタイガースから月間5勝を挙げたメッセンジャーが選ばれました(勝ち星や防御率からの選考)。文句なしでしょう。

さて、そんなメッセンジャーが先発した今日の巨人戦。なかなかの投手戦となりました。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

東京ドーム(18:00プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs読売ジャイアンツ(後攻)

阪神先発:メッセンジャー・巨人先発:吉川光

試合情報

先制は巨人。1回裏、2死1.2塁から岡本・亀井の連続適時打でメッセンジャーが2点を失います。

タイガースは5回。先頭の糸原が四球で出塁し、7番に入った大山の内野ゴロの間に2塁に進塁。そしてここまでメッセンジャーを好リードしてきた女房役・梅野の右中間への適時二塁打で1点返します。

しかし、6回裏。メッセンジャーが苦手にしている亀井にライトスタンドへのソロアーチを浴びてしまいます。

メッセンジャーは6回で降板。しかし、5安打3失点としっかりと試合をつくりました。

ただ、打線が再三のチャンスを潰しました。4回から9回まで毎回先頭打者を出しながらも1得点のみ。最終回も先頭の糸原が四球で出塁しますが後がフライフライ三振・・・

結局、1-3で敗北。連勝は3でストップしました。

スコア

勝利投手:吉川(2勝2敗)

セーブ:カミネロ(0勝0敗4S)

敗戦投手:メッセンジャー(5勝2敗)

【本塁打】巨:亀井3号(6回、メッセンジャーから)

この試合のポイント!

・6回裏、亀井に対しての変化球攻めが仇となる・・・(真ん中に入ったスライダーを打たれた)

・7回表、無死1.2塁のチャンスで、2塁ランナーの大山が牽制タッチアウト・・・好機をつぶして、完全に流れが巨人に

いつもよりコントロールが悪かったなぁ

今日の投手リレーは、

メッセンジャーーマテオー才木

でした。

高卒2年目の才木は8回に登板。今季初登板でした(先週の中日戦に投げる予定でしたが、雨天中止があったため、先発が白紙に…)。

2点ビハインドの中、先頭のゲレーロに甘く入った球をストレートを打たれ、ピンチを迎えましたがなんとか0で抑えました。

ただ本人的は全然満足していないでしょう。捕手の原口が構えたところに球がいっていなかったので。巨人側の大歓声も影響したのかな。ただ0に抑えたのは収穫です。

次、先発のメッセンジャー

状態はうーん・・・悪くはなかったように感じましたがね。変化球で空振りも取れていたので、いつものようなピッチングだと個人的には思いました。

ただ、コントロールが少々制御できていなかった感じ。逆球が多く、それで主審のストライクボールの判定が辛めでした(それでカウントを悪くして、ストライクを取りに行った球を打たれるケースが多かった)。

そんな中でもしっかりと試合をつくるピッチングができるのはさすがです。次の登板も期待しています。

打線はちょっと・・・

先頭が6回も出たのに1得点は寂しすぎますよ、ホント・・・

塁に出てはフライばかり。巨人先発の吉川やその後に出てきた巨人のリリーフ陣をかなり助けていました。

そして、終盤の大事な場面でミス。これも大きかった。

7回、せっかく苦手の沢村から連打で無死1.2塁のチャンスをつくったのに・・・大山がまさかの牽制タッチアウト。あれは唖然としましたね。正直、あれで「今日は負けかな」と思ってしまいました。大山は反省だよ、初回の守備もまずかったし!

まぁ収穫もあった今日の試合。8回から登板した才木が0に抑えたし、打では2番の植田も全打席出塁!いい感じです。代わりに福留さんがお疲れのようですが・・・

さて明日はルーキーの谷川がプロ初登板初先発です。思いっきり投げて欲しいですね。期待しています。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000098-dal-base.view-000