阪神タイガース 5月10日 vs巨人(9回戦)~悔いの残る一球(本人的には)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

巨人3連戦の3戦目。タイガースはドラフト5位ルーキー・谷川 昌希を立てて挑みました。

相手先発はベテラン左腕の内海。今シーズンの1軍初登板です。こういう相手には立ち上がり・序盤に打ち崩してほしかったですね。甘い球が来てたのになぁ・・・

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

東京ドーム(18:00プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs読売ジャイアンツ(後攻)

阪神先発:谷川・巨人先発:内海

試合情報

先制は巨人。2死2.3塁から今シーズン2試合目のスタメン出場となった阿部がライトスタンドへ3ラン。谷川がプロ初失点を喫します。

先発の谷川は4回を無失点に抑えたところで降板。4回3失点。阿部への一球が悔やまれる形となりました。

タイガースの反撃は6回。2死2.3塁(直前に1塁ランナー糸井が盗塁)で5月は打率1割を切っている福留がフルカウントから巨人2番手の宮國のカーブ?をセンターへはじき返します。これで2点が入り、1点差に詰め寄ります。

しかし、8回裏。タイガース4番手の岩崎が2死1.3塁のピンチをつくり、8番小林の場面で暴投・・・決定的な1点を与えてしまいます。

最後はカミネロに抑えられてゲームセット。2-4で敗け。カード負け越しとなってしまいました。

スコア

勝利投手:内海(1勝0敗)

セーブ:カミネロ(0勝0敗5S)

敗戦投手:谷川(0勝1敗)

【本塁打】巨:阿部2号(3回、谷川から)

この試合のポイント!

・3回裏、2死2.3塁で阿部。シュートが良い谷川なので対左よりも対右の方が分がいい(対右の場合、内角をえぐるシュートで打たせる可能性が高くなるから)。この場面は次の岡本勝負でも良かったと思うなぁ(結果論になってしまうが)

ロサリオが打つ気配がない(上半身だけを使って打っている印象)。やっぱり4番が打たないと・・・

一回り目は良く抑えていたが

今日の投手リレーは、

谷川ー藤川ーマテオー岩崎

でした。

藤川は2イニング。ロングリリーフですね。正直、2イニング目投げると知った時「えっ、大丈夫?」と思ってしまいましたがね。阿部から始まる巨人打線をしっかりと抑えてくれました。今日はナイスピッチング!これを続けて欲しいです。

そして、プロ初登板で初先発を任された谷川

4回を投げ5安打3失点。うーん・・・

初回は素晴らしい立ち上がり。先頭の坂本をスライダーで三振。3番のマギーをストレートでセンターフライと、調子のいい巨人の上位打線をしっかりと3者凡退で抑えました。

ストレートには力があり、それにスライダーとシュートを使用。一回り目は高校の3年先輩・長野に許した中前打以外はヒットを与えず。いいピッチングでしたね。

しかし、3回。坂本・吉川尚に連打を浴び、ピンチを迎えます。そして、2死2.3塁の場面で阿部

次の岡本勝負でも良かった気がしますが、バッテリーは阿部勝負を選択これが失敗でしたね。ストレートをライトスタンドへ運ばれ3点を失いました。

これが決勝点。序盤とはいえ3点は少し重いかったなぁ。でも初登板でしっかりと4回を投げ切りました。

阿部に打たれたのは経験として次に生かしてほしいです。

ロサリオで止まったかな(後、このオーダーはない!)

はじめに、

「江越を1番で使うな!」

使うとしたら気楽に打てる7番あたりでしょう。1番は足が速くて選球眼が良く、粘れて三振の少ない打者。この要素に1/4しか合っていない江越を使うのはない!

確かに2打席目に粘っていたり、3打席目にライトへ2塁打を放っていましたが。でも1番で使う要素はないでしょう。1.4打席で簡単にアウトになっているようじゃ・・・(1打席目は3球、4打席目は2球でアウトになる…)。正直、相手投手を助けるだけです。

今日のメンバーでオーダーを組むなら、1番西岡・7番江越の方がだいぶ良いです。

そして、4番ロサリオ。うーん、打ってくれないなぁ。

今日は完全にブレーキ。1本でもヒットが出ていれば、試合の流れが変わっていたと思いますが。

残念でした。

さて明日はカードが変わってマツダスタジアムで広島戦です。

正直、マツダでカープは・・・とりあえず1つは勝たないとなぁ。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00204530-nksports-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク