阪神タイガース 5月12日 vs広島(8回戦)~投手交代のタイミングが・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

さて、今日の広島戦。昨日とは違い中盤までは投手戦となりました。

ただ、打線がひどいですね。正直、広島先発の大瀬良は調子が悪く、全体的にボールが高かったのに。それを攻略じまいです。

後、ロサリオが初めて4番から外れ、代わりに5番を打っていた福留が4番に入りました。うーん、福留に疲れが出ているこのタイミングでかぁ・・・

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

マツダスタジアム(14:00プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs広島東洋カープ(後攻)

阪神先発:小野・広島先発:大瀬良

試合情報

試合は2回裏、タイガース先発の小野がヒットと四死球2つで1死満塁のピンチをつくると、投手の大瀬良にライトフェンス直撃の2点タイムリーを浴びてしまいます。

反撃したい打線は5回、今日一軍に昇格し、即スタメンの6番・板山がレフトスタンドへホームラン。いい仕事をしましたね。1-2と1点差に詰め寄ります。

先発の小野は2回に崩れかけたものの、6回まで広島に追加点を与えず。

しかし、7回裏。続投した小野がヒットと四球で無死1.2塁のピンチをつくります。ここで投手交代でマテオが登板。抑えて欲しいところでしたが・・・バティスタに犠牲フライ、さらにまさかの3者連続押し出し四球・・・この回、計4点を失います。

打線は反発力なく。7回以降はノーヒットに抑えられました。

結局、1-6で敗戦。これで連敗は4となりました。

スコア

勝利投手:大瀬良(5勝2敗)

敗戦投手:小野(3勝1敗)

【本塁打】神:板山1号(5回、大瀬良から)

この試合のポイント!

・2点を先制された直後の3回表、2死から江越がヒットで出塁し、盗塁を決めて、2塁に進みます。そして2番に入った糸原が放ったセンターへ抜けるかという打球を広島ショートの田中が好守備を見せ、無得点・・・あれが抜けていたら1点入っていたなぁ

・投手交代のタイミングを判断ミス・・・初めからマテオに変えていたら。4点は取られなかったと思うが・・

小野はよく6回まで投げたと思う

今日の投手リレーは、

小野ーマテオー尾仲ー石崎

でした。

尾仲はタイガースでは一軍初登板。それもマテオが3連続押し出しをした後を託されました(2死とはいえ、満塁のピンチ)。

しかし、慌てることなく上本をレフトフライに打ち取る好リリーフ。初登板として上々のピッチングでした。

さて先発の小野

立ち上がりはそんなに良くないなぁと思いましたが。「よく6回まで投げられたなぁ」というのが正直な気持ちです。

コントロールがいまいち。球が荒れており、捕手の梅野の構えたところにボールが全然いっていなかった感じ。2回のピンチも大瀬良にタイムリーを打たれるまでの過程が悪かったし・・・というかあの回は7番の野間がしっかりとボールを見極められていたら、確実に2点以上取られていたと思います(すべてボールだったが三振に抑えた)。

その後は、なぜか立ち直り6回まで抑えました。ストレートに広島打線が苦戦していましたね。コントロールもまずまず。

ただ、7回ですね、問題は。

これは首脳陣の継投ミスでしょう。小野に勝ちをつけたかったからかはわかりませんが、続投を選択。これが完全に裏目に出ました。打順は9番の大瀬良から。終盤、しかもこの時点では接戦だったので当然代打。そしてこの後は上位に回ります。小野も球数100球前後。「これは変えるだろ」と思いましたが。案の定、追加点を許してしまい、試合を決められました。残念。

打線は・・・えっ、2試合連続でソロアーチのみ?

ちょっと寂しすぎる打線。2試合連続植田を欠いているとはいえ。

収穫は江越がヒットが出ている(私は1番に置くことは反対だが)、糸原上位で使える、板山がホームランを放った、の3点かな(板山のホームランは逆方向への当たり。風に乗ったのもあるけど、上手いバッティングをしたなぁ)。

打線のテコ入れは必要だが、正直、金本監督には我慢が足りないと思う。ロサリオも4番として起用すると決めたら、たとえ調子悪くても4番から外したらダメ。

大山に関してもそう。今は上本の離脱や植田の体調不良で三塁を守っているが、彼も打撃不調で一度スタメンから外されていたし。こんなとっかえひっかえの起用ではしっかりとした軸が育たないと思うが。

さて明日は岩貞が登板予定ですが、雨天中止が濃厚。

どうなりますかね。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000117-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク