ドラフト 異色の経歴、苫小牧駒大2年の伊藤が好投!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最速148km/hの右腕

北海道六大学野球:苫小牧駒大7-0北海道教大函館

苫小牧駒大の伊藤 大海投手(2年=駒大苫小牧)が、7回1安打14三振の好投でデビュー戦を飾りました。

高校時代は(駒大苫小牧)14年センバツで1勝。16年に駒大進学も10月に中退し昨年、苫小牧駒大に再入学していた。登録の関係で昨年1年間は公式戦に出場できず練習のみ。16年東都大学秋季リーグ以来、約1年半ぶりの公式戦登板に、

ここまで長かった。野球ができるありがたさを感じながら投げられた

と喜びを口にしました。

この日は最速148km/hのストレートに90km/h台の変化球を交え、北海道教大函館打線を翻弄。

4回1死から7回2死まで10連続三振と圧倒的な投球でチームの勝利に貢献しました。

巨人スカウトが高評価!

スタンドには巨人、日本ハム、ソフトバンクなど5球団のスカウトが集結。

巨人の柏田スカウトは、

直球が速く強い。あと2年で間違いなく良くなる

と評価しました。

大滝監督は伊藤の好投について、

試合に出られない間、しっかり体幹を鍛えてきた成果が出ていた

と言います。16年10月に駒大中退後、故郷鹿部に戻り1人で肉体改造。体重を4キロ落とし、20%近かった体脂肪も半分に減らし、キレを取り戻したとのこと。

プロを目指し、また少しずつ成長したい

2年後のプロ入りを目指し、さらなる成長を期待したいです!


出典元

https://www.nikkansports.com/baseball/photonews/photonews_nsInc_201804290000316-0.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク