阪神タイガース 最新情報!(5月14日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ロサリオ、打撃フォームを改良!(成功するかなぁ)

不振に苦しむ阪神のウィリン・ロサリオが13日、打撃フォーム修正に着手。

マツダスタジアム隣接の室内練習場で、片岡ヘッド兼打撃コーチと話し合い、従来は上げていなかった左足を上げ、ステップを踏みながらタイミングを取る打法に変更しました。

これはメジャー時代のスタイルで、3年前まで在籍したロッキーズ時のフォーム。

対戦相手を見ながら変えていくことが大事だと思った

と意図を説明したロサリオ。

12日の試合で、解説の小早川 毅彦さんが、

ロサリオはホームランを放った直後にバッティングを崩す

という話していましたが、この打撃不振も先週火曜日の巨人戦で看板直撃のホームランを放ってから(そういえば、広島戦で勝ち越しホームランを放った後も打たなくなったなぁ)。これは小早川さんの言う通りかもしれません。

まあホームランを期待して獲得したバッターが、ホームランを打った後にバッティングを崩すのは困るんですが。獲得した意味無いし・・・

何とか修正してもらいたいですが(ロサリオの韓国時代の成績を見ると春先は不振で、夏にかけて状態を上げていく打者。今の状態が普通かもしれないが、それじゃあ困るし)。

植田復活!

体調不良で11日の広島戦から2戦連続で欠場した阪神の植田海が13日、チームに再合流。マツダスタジアムに隣接する室内で行われた試合前練習に参加し、打撃練習で強い打球を放ち、ノックでは軽快な動きで好調をアピールしました。

体調は2日で回復。雨天中止となってしまったが、この日の広島戦には「2番・遊撃」でスタメン出場する予定だったとのこと。

欠場する前は10試合連続で先発出場を果たし、チームトップタイの6盗塁で打率・316をマークし、得点の起点としてフル稼働。

しかし、植田のいなかった2試合は、計2得点しか奪うことができず連敗。結果的に、チームにとって痛恨の離脱となってしまいました。

DeNA戦からは植田が戻るので、連敗中にはない攻撃ができそうです。

榎田、早くも4勝目!すごいなぁ!

西武・榎田が13日のロッテ戦に先発。

コーナーを丁寧につく投球で7回を投げて4安打無失点。今季無傷の4勝目を挙げました。
阪神時代の13年に記録した自己最多タイの4勝目

試合後のヒーローインタビューでは、

粘り強く投げられた。僕が投げる時は援護がある

と2回までに5得点の味方打線に感謝。

西武の辻監督は、榎田について、

コントロール、リズムがいい。野手も攻撃にすんなり入れる

とコメント。チームの連敗を4で止める好投をみせました。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000016-dal-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000039-dal-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000123-spnannex-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク