阪神タイガース 5月19日 vs中日(10回戦) ~ある意味予想はしていたよ・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

さて今日もナゴヤドームで中日戦がありました

スタメンには福留がおらず、代わりに昨日スタメンではなかった江越が起用されました。

もうここで嫌な予感はしてたんですけどね。

やっぱり変わりがいない人が抜けるとただでさえ貧打の打線がひどくなる・・・

今日はそんな試合展開でした。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

ナゴヤドーム(14:00プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs中日ドラゴンズ(後攻)

阪神先発:小野・中日先発:ガルシア

試合情報

先制はタイガース。初回、ガルシアから四球を2つもらい、無死1.2塁のチャンス。そしてロサリオのセカンドゴロの間に1点を挙げます。

タイガース先発の小野は初回からランナーを許しながらも抑えるピッチング。ただ不安定でした・・・

「いずれ点取られるなぁ」と思っていましたが、6回裏に先頭のヒットから3点を許します・・・アルモンテは打ちっとったけどなぁ

反撃したい打線は・・・最終回に1点を返すのがやっと。

結局、2-3で敗北。やっぱり貧打だね・・・

スコア

勝利投手:ガルシア(5勝1敗)

セーブ:田島(0勝2敗9S)

敗戦投手:小野(3勝2敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・内容の割には安定感のなかった小野。試合前に香田コーチのコメントで、

「ブルペンではいいボールを投げていた」

とありましたが・・・やっぱり本番とブルペンは違うということでしょう

・貧打・・・というか、チャンスに弱い!結構得点圏にランナーを置くのに

もう少しメンタル良かった気がするけどなぁ・・・

今日の投手リレーは、

小野ー岩崎

でした。

先発の小野は7回を投げて7安打3失点

内容をみるとQSは達成し、まずまずのピッチングをしたといえるでしょう。

ただ・・・バッターによってコントロールを乱すことが多々ありました。特に今日は外国人が並ぶ3.4.5では明らかにボールが高めに浮き、カウントを悪くしていましたね。

確かに注意したい打者です。ホームランが怖いですし。でも意識しすぎて、しっかりと打者に向かっていけてません。

それがランナーなしならまだいいですが(いや、良くないけど)、ランナーがいる場面・絶対に抑えなければいけない場面でそういうピッチングをすると・・・今日の6回みたいに打たれてしまいます。

というわけで、もう少し打者に向かっていく気持ちを持ってマウンドに上がってほしいと思います。良いストレートを持っているので。

次の登板、期待したいです。

予想通りの貧打・・・

打線は・・・打っていない状況で福留を欠くとこうなりますよ、と言いたいです。

昨日、良い感じで打っていたロサリオ大山の打順を上げて、それぞれ4.5番で起用。福留欠場の為ですが、これはちょっと納得いかない。

まだ1日しか打っていないのに、いきなり上げるのはいくらなんでも早すぎます。

ロサリオにはヒットが出ましたが(詰まっていたけど…)、大山はノーヒット・・・昨日とは投手が違うとはいえ、あまり良くなかった中日先発のガルシアからヒットを打てなかったのは・・・少し気持ちが空回りしたのかな?

後は江越。個人的には1番よりも下位で打たせた方がいいと思っていましたが・・・今日は7番で起用もノーヒット。うーん・・・まぁ、こんな日もあるでしょう(としか言いようがないなぁ)

(後、熊谷がプロ初出場。8回に代走で出て、いきなり初盗塁を記録しました。やっぱり足速いなぁ)

さて明日は高卒2年目の才木がプロ初先発。

落ち着いて投げて欲しいですが、まぁリリーフである程度一軍のマウンドを経験しているので大丈夫だと思いますが。

好投を期待しています。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000102-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク