阪神タイガース 5月20日 vs中日(11回戦) ~先発と中継ぎ登板じゃやっぱり違うか・・・~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

今日は高卒2年目の才木がプロ初先発。大変わくわくしていましたが・・・うーん、これは緊張からか、それともこれがいまの実力か・・・試合をつくれませんでしたね。

あっ、打線は相変わらずです。というか、スタメンをいじりすぎ(伊藤隼太をスタメンで使ったのは良い判断だったと個人的には思いますが)

今日はあまり書くことがないですが、簡単にみていきます。

試合内容・結果

ナゴヤドーム(14:00プレーボール)

阪神タイガース(先攻)vs中日ドラゴンズ(後攻)

阪神先発:才木・中日先発:松坂

試合情報

先制は中日。1回裏、立ち上がり不安定だった才木は1死満塁のピンチを迎えると、5番モヤに押し出しフォアボールを与えます(プロ初失点)。さらに続く福田にライトへ2点適時打を浴び、この回3失点を喫します。

さらに2回、5回にも1点ずつ失った右腕。初めての先発登板は5回12安打5失点に終わりました。ほろ苦い登板になったかもしれませんが、制球難から崩れたわけではないので今後楽しみです(四死球は2つのみ。いずれも初回)。

才木を援護したい打線でしたが・・・相変わらずの貧打と言っときましょう。

6回に1番に入った植田、2番糸原の連打で1点を取りましたが、それまで。

結局、1-6で敗北。4カード連続の負け越しになりました。

スコア

勝利投手:松坂(2勝3敗)

敗戦投手:才木(0勝1敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・1回の攻撃、先頭の植田が初球をセーフティーバント。これが失敗したのがなぁ。松坂の気分を良くしてしまい、結果的にスイスイ投げさせてしまった(調子に乗らせた…)

・才木。初回、緊張もあったと思うが、ビシエドに四球を与えたのが痛かった・・・

今後に生かしてほしい

今日の投手リレーは、

才木―岡本―尾仲

でした。

今日は何といっても才木でしょう。

プロ初登板となった今日の試合。どういうピッチングをするか楽しみでしたが・・・少し緊張したのか、先頭の京田に初球を打たれて動揺したのか、分かりませんが。初回、春季キャンプで見せたストレートで押していくピッチングが出来ませんでした。

昨年、そして今年とリリーフで一軍のマウンドを経験しているのでそこまで緊張はないだろうと思いましたが・・・やはり先発のマウンドは違うのかな。

その後も中日の打者を押し込むことができず、特に京田には3-3と打ち込まれました。

ただ、

  • 5回までしっかり投げたこと
  • 四球2つ、とそこまで多くなく、制球難から崩れることがなかった

という点は評価できるでしょう。次の登板はどうなるか分かりませんが、普通に中6日で投げてもいいと思います。個人的には。

何はともあれ、今後が楽しみです。

打線は特に・・・

才木が試合をつくるところまでいきませんでしたが、5回を投げ切った後の攻撃。1死から1番に入った植田と2番に抜擢された糸原の連打で1点を取りましたが・・・これだけでは勝てませんよね。

ということで相変わらず貧打のタイガース打線。

今日は福留と糸井の打順を入れ替え、「3番福留・4番ロサリオ・5番糸井」のオーダーとなりましたが、機能せず。この他、伊藤隼・鳥谷を起用した下位打線も不発。

復調の気配はなし

そんな中、8番・捕手で起用された長坂が二塁打を放ってアピール。センターへ良いバッティングをみせましたね。

こんな風にヒットは出ていますが、得点にはつながらず。これで10試合連続3得点以下となってしまいました。はぁ・・・

さて来週はヤクルト・巨人と当たります。

打線の復調が来て欲しい

ということで今日はこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000122-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク