阪神タイガース 5月29日 vsソフトバンク(1回戦) ~鳥谷の記録が途絶える(試合は嫌な敗戦…)~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

さてはじまった交流戦。まずは甲子園でソフトバンクが相手です。

先発はエース・メッセンジャー。前回登板のヤクルト戦では球数を費やす苦しいピッチングでしたが。今日は安定感抜群でした。

反対に打線はチャンスをつくるもあと一本が出ず。

そんな試合をすると・・・こうなりますね

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園(18:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vs福岡ソフトバンクホークス

阪神先発:メッセンジャー・ソフトバンク先発:岡本健(一軍初先発)

試合情報

試合は投手戦。阪神はメッセンジャーが安定感抜群のピッチングをみせ、6回を無失点に抑えます。まずは先制点が欲しい打線はプロ初先発の岡本からチャンスをつくるもあと一本が出ず・・・

そんな中、9回表。変わった2番手のドリスが先頭の今宮を梅野のエラー(振り逃げを狙った今宮の背中に梅野送球があたる・・・)から無死1.2塁のピンチをつくり、4番柳田に先制のタイムリーを浴びます。終盤、しかもエラーからの失点・・・

最終回、タイガースは先頭からの攻撃。四球2つで1死1.2塁のチャンスをつくりますが、糸井・中谷が倒れゲームセット。

結局、0-1で敗戦。チャンスが何度もあった中、得点が取れない負ける、という試合展開でした。

また、鳥谷の出場がついに途絶えるという・・・連続出場試合数が「1939」でストップとなってしまいました。

スコア

勝利投手:加治屋(1勝0敗)

セーブ:(0勝2敗8S)

敗戦投手:ドリス(1勝2敗15S)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・再三のチャンスで打てなかったのが全て。2回と5回以外は得点圏まで進めたのに・・・

・9回表の梅野の送球エラー、これが痛かった。せっかく三振でアウト一つ増える状況だったのに。焦ったのかな・・・

メッセンジャー、ナイスピッチング!

この日の投手リレーは、

メッセンジャーードリス

でした。

先発のメッセンジャーは立ち上がりから安定感抜群。

1回、二死から2連打を浴び、2.3塁のピンチを迎えますが、ここはデスパイネをカーブ3球で見逃し三振に打ち取ります。

その後はストレートとカーブを軸にソフトバンク打線を翻弄。特にカーブが有効で、引っかけさせてのゴロアウトが多かったですね。

2回以降は(調子が悪いとはいえ)強打のソフトバンク打線相手に2塁を踏ませないにピッチングでした。

8回3安打無失点。奪三振数は7個。打線の援護がなく、リーグトップの8勝目は挙げられませんでしたが、しっかりと試合をつくりました。

打線が不甲斐ない・・・

打線はプロ初先発の岡本相手(リリーフ起用が多い、ストレートが自慢の右腕)に再三チャンスをつくるも得点できず。

続くソフトバンクのリリーフ陣からも得点圏までランナーを進めますが、あと一本が出ず。

正直、梅野のエラー以前に打線がチャンスで打ってなかったことが今日の敗戦につながりました。特に3.4番(福留・糸井)がノーヒット。ここが痛かったなぁ。中軸が打たないと勝てません・・・

そんなこんなで敗れたタイガース。鳥谷の記録も止まってしまいましたし(踏んだり蹴ったりです・・・)

さて、明日もソフトバンク戦。先発はルーキーの高橋 遥人です。試合をつくるピッチングを期待したいですね。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000147-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク