阪神タイガース 5月30日 vsソフトバンク(2回戦) ~背番号「29」対決~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

昨日、鳥谷の連続試合出場が途切れました。そのショックを引きずらないためにも今日のソフトバンク戦は重要な試合!

先発はルーキーの高橋 遥人。自慢のストレートを中心としたピッチングを期待したいところ。

相手先発は今年先発に転向した右腕・石川でした。

背番号は両先発とも「29」。さてどちらがいい投球をみせるか

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園(18:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vs福岡ソフトバンクホークス

阪神先発:高橋遥・ソフトバンク先発:石川

試合情報

先制はタイガース。初回、1番植田が四球で出塁し、すかさず盗塁し2塁まで進みます。そして3番の福留が落ち着いてセンターへ犠牲フライを放ち、1点を先制します。

さらに3回のタイガースの攻撃。2死から4番の糸井がヒットで出塁すると、ここでも盗塁。続く中谷の内野安打で1.3塁のチャンスをつくると、6番大山の場面でソフトバンク先発の石川が暴投。1点を追加します。

しかし、4回表。先頭のデスパイネのサードへのゴロを大山がエラー(送球ミス)。ここから高橋が崩れ3失点。一気に逆転されます。

反撃したいタイガースは5回。2死3塁のチャンスでまた石川が暴投。同点に追いつきます。

が、6回表。高橋が代打の塚田にストレートをバックスクリーンに運ばれてしまいます。また勝ち越されます。さらにランナーを1塁において、2番今宮にホームランを浴びます。ここで高橋遥は降板。

追いつきたいタイガースはその後もヒットは出るものの得点できず

結局、3-6で敗北。カード負け越し、背番号「29」対決は石川に軍配が上がりました。

スコア

勝利投手:石川(7勝2敗)

セーブ:(0勝2敗9S)

敗戦投手:高橋遥(2勝2敗)

【本塁打】ソフトバンク:塚田、今宮

この試合のポイント!

・5回表の大山のエラー。先頭を出したことで高橋が動揺した感じになりました

・タイムリーなしの打線・・・

高橋はコントロールが微妙

今日の投手リレーは、

高橋遥ー尾仲ー岡本ーモレノ

でした。

先発の高橋遥は少しコントロールが悪く、ボール球が多かった・・・序盤から球数が増えてしまいましたね(4回で80球以上)。

序盤はストレートに力があり、ソフトバンク打線を抑えていましたが、二回り目は、

  • ソフトバンク打線が高橋遥の球に慣れた(適応力)
  • 高橋遥の球に力強さがなくなった(疲れ?)

といった感じでソフトバンク打線に打たれました。

後、今日は5回の大山のエラーも痛かった。あれで高橋遥の気持ち、メンタルに変化があったのかコントロールがさらに悪くなった印象を受けました。

5回1/3を投げて9安打6失点(自責点は3)。残念ながら今日は試合がつくれませんでした。

打線はほぼ昨日と同じ

良かったところは、盗塁がことごとく点にむすびついたこと(3盗塁3得点)。

でもタイムリーなし・・・

今日も打線が機能したとはいえず。まぁこれでは試合に勝てないよね。1.2番はある程度仕事をするのになぁ。一番の問題はロサリオ。

あれ、もうスライダー投げとけばいいんじゃね

という感じ今日も外へ逃げるスライダーで抑えられた助っ人・・・一度スタメンを外すことも考えた方がいいかもしれません(変わりがいないのでリフレッシュ的な感じで)。

ということで今日も負け。

ここ2試合エラーが失点にむすびついているので、ここを気をつけたいところ。

さて明日は秋山!いつも通り試合をつくってくれ、頼みます!

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000134-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク