阪神タイガース 5月31日 vsソフトバンク(3回戦) ~元中日の「暴れ馬」を打てず~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

昨日は所用で試合をラジオで聞いていました。なのでソフトバンク3回戦は実際に見たわけではありませんが、思ったことなどを書いていきたいと思います。

では簡単にどうぞ。

試合内容・結果

甲子園(18:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vs福岡ソフトバンクホークス(先攻)

阪神先発:秋山・ソフトバンク先発:中田

試合情報

先制はソフトバンク。4回表、先発秋山は1死1.3塁のピンチを迎え、打席にはデスパイネ。カウント2ボール1ストライクからカットボールを捉えられ、適時二塁打。1点を先制されます。

その後は終盤まで0に抑えた秋山。7回を1点に抑えました。

しかし、相変わらず打線が打てず。この試合はソフトバンク先発の中田に7回までヒットは出るものの点を取れず。

そうこうしている間にリリーフ陣がソフトバンク打線に捕まり、8回表に4点を取られます(神0-5ソ)。

打線は8回裏に中田を攻め、福留の適時打などで2点を返しますが、それがやっと

結局、2-5で敗戦。カード3連敗となり、また借金生活に突入です・・・(借金1)

スコア

勝利投手:中田(3勝2敗)

セーブ:(0勝2敗10S)

敗戦投手:秋山(4勝5敗)

【本塁打】なし

この試合のポイント!

・打線が中田を打てず。7回までスイスイ投げられてしまいました(7回終了時点で中田の球数は82球。少ないなぁ)。

・2番手の岩崎が踏ん張れず。4失点・・・

秋山は好投!

この日の投手リレーは、

秋山ー岩崎ー岡本ーモレノ

でした。

先発の秋山はしっかりと試合をつくるピッチングをみせました。

相変わらず調子が良さそうですね。ラジオなので実際見ていませんが、解説の赤星さんが

今日も調子が良さそう。ストレートにキレがある

的なことを言っていたので、良かったのでしょう。

失点も4回にデスパイネにタイムリーを打たれた1点のみ。このピッチングなら普通、勝ち星がつくはずですが・・・

7回5安打1失点。球数は90球と7回終了時点の中田と比較すると僅かに多いですが、中田に負けないピッチングをみせました。

次は勝ち星を期待したいが・・・

とにかく、ナイスピッチング!

チャンスに弱すぎる

タイムリーが福留の一本・・・これでは勝てないよね

というかこの3連戦を合わせてもこの一本のみ。チャンスはつくるのに打てない!

勝負に弱い打線と言われても仕方ない

この試合は8回、9回と2度の満塁のチャンスがありました。

特に8回はソフトバンク先発の中田の球威・コントロール共に落ちた状態。四球3つで無死満塁という絶好の機会でしたが、結局、板山の犠牲フライと最初にいった福留のタイムリーのみ。

ここで大量点が取れないのが現状のタイガース打線を表しているなぁ・・・

さて今日からは埼玉・所沢に移り、今パ・リーグ首位を走る西武戦・・・広島に大勝した破壊力抜群の打線が相手となります(三日間で26得点)

しかも相手先発は菊池・・・ケガ明けの登板なので付け入るスキはありそうですが、今の打線の状態で打てるか。見ものですね。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000019-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク