阪神タイガース 6月5日 vsオリックス(1回戦) ~雨の甲子園は接戦に~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。フクロウの瞳です。

今日の甲子園はばらぱらと雨が降りました。その中で行われたオリックス1回戦。

先発はエース・メッセンジャー。いつも通り試合をつくってほしかったですが・・・序盤に球数を費やしたのが悔やまれます。

では簡単にみていきます。

試合内容・結果

甲子園(18:00プレーボール)

阪神タイガース(後攻)vsオリックスバファローズ(先攻)

阪神先発:メッセンジャー・オリックス先発:アルバース(新外国人左腕)

試合情報

雨が降る甲子園。

先制はオリックスでした。1回表、メッセンジャーの立ち上がりを攻め、2死一三塁のチャンスに小谷野が応え、適時二塁打!ボールがワンバウンドしてフェンスを越えてしまうというオリックスからするとアンラッキーな形になりますが、1点を取ります。反対にタイガースはラッキーでした。

タイガースの反撃は4回裏。先頭の糸原が内野安打で出塁すると、続く福留・糸井が連続適時打!2点を取り逆転に成功します。しかし、その後、糸井が牽制タッチアウト・・・せっかくのいい流れが・・・

すると5回表。メッセンジャーが吉田・マレーロに連続ソロホームランを浴びてしまい、すぐに逆転されるという・・・流れってホントに怖い

反撃したタイガース打線はオリックスの勝ちパターンに抑えられ、点を取れず。

結局、2-3で敗戦。3カード連続で初戦黒星。交流戦は早くも6敗目です。

スコア

勝利投手:アルバース(7勝1敗)

セーブ:増井(1勝0敗15S)

敗戦投手:メッセンジャー(7勝3敗)

【本塁打】オ:吉田正・マレーロ

この試合のポイント!

・4回裏、2点を取った後の無死二塁チャンスで無得点・・・ここで突き放せなかったのが痛かった

能見さんがリリーフ登板!

今日はそんな書くこと無いけど・・・

投手リレーは、

メッセンジャーー谷川ー能見ー尾仲ー岩崎

でした。

能見が2年ぶりのリリーフ登板。どうなるか見ものでしたが、しっかりと1イニングを抑えてくれましたね。死球と糸原のエラーでピンチを迎えましたが、そこはベテラン。マレーロ・小谷野をしっかり打ち取り、無失点です。

まだまだリリーフに慣れていないと思いますが、ファイト能見さん!

そして、先発のメッセンジャー。

立ち上がりに球数を費やし(1回表で37球)、リズムに乗れないまま2.3.4回と投げ続けました。今日はメッセンジャーの主体となるカーブのコントロールが悪かったのも影響。苦しいピッチングでした。

また、味方が逆転した直後に2者連続ホームランを打たれたのも痛かった・・・あれ、2死からなんですよね。もったいない

結局、5回7安打3失点でマウンドを降りたメッセンジャー。今シーズン3敗目を喫しました。

打ち崩せるチャンスはあった

打線はオリックスの先発アルバースを打ち崩せず。

130km/h中盤のストレートを主体に打者のインコースで勝負するピッチングスタイルの左腕。「そんなに速くないなぁ」と思ってみていましたが、なんかタイガースの打者陣はタイミングが取れていないような当たりばかりでした。うーん、残念。

見せ場の4回裏のチャンス(2点を取った後)も糸井の牽制タッチアウトで追加点を挙げられず。せっかく打ち崩すチャンスだったのになぁ。

ということで敗れたタイガース。今日は勝っておきたかった試合だったのに。

まあ気を取り直して明日ですね。先発は中5日で秋山。秋山にはもちろん頑張ってほしいが、それ以上に打線が打って秋山を援護して。あっ、この際秋山が打ってもいいよ!

(まぁ、明日も雨予報なんですが…)

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000121-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク