阪神タイガース 先週の試合結果(6月9日.10日)part1 ~いまだに打線が復調せず~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

先週の途中から、記事更新のやり方を変更しました。

ということで今日は先週の2試合についてみていきたいと思います。

(本当は、11日の試合も書きたかったが・・・雨天中止に)

試合情報

6月9日(vsロッテ 1回戦)~能見さんに勝ちが転がり込んだ~

阪神3-2ロッテ

勝利投手:能見(1勝2敗)

敗戦投手:(1勝1敗)

本塁打:神・福留4号(1回、涌井から)

試合詳細

先発は阪神岩貞、ロッテ涌井

タイガースは初回、3番福留がロッテ先発・涌井からソロアーチ。幸先よく先制します。

6回にも福留の犠牲フライで追加点。2-0とリードします。

先発の岩貞はストレートに力があり、変化球、特にチェンジアップのキレが抜群。7回を6安打無失点。素晴らしいピッチングでした。

しかし、2-0で迎えた9回表。守護神ドリスが6球で2点を取られて同点にされます。試合は延長戦に。

そして、12回裏。1死一二塁からセカンド・中村の送球エラーの間に二塁走者が生還。

3-2。相手のエラーによる劇的なサヨナラ勝ち!

6月10日(vsロッテ 2回戦)~初回以降、得点できず・・・~

阪神2-3ロッテ

勝利投手:ポルシンガー(7勝1敗)

セーブ:(1勝2敗13S)

敗戦投手:高橋遥(2勝3敗)

本塁打:なし

試合詳細

先発は阪神・ルーキーの高橋遥、ロッテ・新外国人右腕のポルシンガー

先制はタイガース。1回裏、一死2.3塁で4番糸井が2点適時打。先制します。

先発の高橋遥は4回までランナーを出しながらも1失点。まずまず試合をつくるかと思いきや・・・先頭の鈴木に二塁打を浴びると、その後2四球で一死満塁に。ここでロッテのルーキー藤岡(高橋遥の亜細亜大学時代の先輩。2学年上)に2点適時二塁打を浴び、逆転されます(その後の二死満塁のピンチは尾仲が三球三振に打ち取る。ナイスリリーフ!)。

打線は初回以降、点を取れず。

2-3で敗戦でした。

とりあえず、今日はここまで。

今日は札幌ドームでの日本ハム戦。現在、勝っていますね(7回終了時点で7-1)。

このままいってほしいですが(さすがに今日は大丈夫ですよね)。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000072-spnannex-base.view-000

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000128-spnannex-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク