ドラフト2018 一試合4盗塁!奈良学園大・米満が足で魅せる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

俊足巧打の遊撃手

全日本大学野球選手権:立命大4-3奈良学園大

プロ注目の奈良学園大・米満 凪内野手(4年・敦賀気比)が、立命大戦で大会タイ記録となる1試合4盗塁を記録。70年の中央大・高木 豊さん、03年の札幌大・池野康史さん以来3人目の快挙です。

ただ、チームは敗れました・・・

50メートル走5秒8の俊足の米満は一回と五回に二盗に成功。そして九回は二盗と三盗に成功し、計4盗塁。これで大会記録に並びました。

試合後、米満は

出たらいつでもいけるようにしていた

とコメント。

敦賀気比高校時代は控え選手

高校時代は控え野手だった米満。しかし、捕手以外守れるという「ユーティリティー選手」としてチームになくてはならない存在でした。

高3の時、甲子園も経験。主に途中出場でしたが5試合に出場し、5打数4安打でチームの4強入りに貢献しました。

(兄は米満一聖。現在、社会人チームの日本新薬で活躍中)

あれから4年。目標はプロとのこと。

アピールの日々が続きます。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000080-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク