阪神タイガース 新外国人内野手・ナバーロの獲得を発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

球団が正式に発表

タイガースが獲得したナバーロ

タイガースは15日、エフレン・ナバーロ内野手(32)=カブス傘下3A=と契約が合意に達し、所属球団のシカゴ・カブスから同選手の譲渡が決まったことを発表しました。

来日時期や入団会見などは未定としていますが、近日中にも来日するとのこと。

今シーズン、3Aで打率3割を記録

左投左打の内野手。主に一塁を守りますが、外野手もこなします。

今シーズン、カブス傘下の3Aに所属。4月にメジャーへも昇格し6打数1安打を記録した。ただ、5月26日にメジャー40人枠を外れてカブスとマイナー契約を結び直していました。

3Aでは、48試合で打率.310 4本塁打 29打点(今シーズン)と好成績をマーク。

特徴は広角に打つことができる、「シュアなバッティング」。ただ、2014年には、メジャー最高の投手の一人、バーランダーから本塁打を打つなど、力も(一応)あります。

ロサリオとの併用ができる(狙いのひとつ?)

タイガースは今シーズン、新4番として期待したロサリオが開幕48試合で打率.230 4本塁打 22打点と結果を残せず。二軍での調整が続いています。

新助っ人のナバーロは外野も守れるため、ロサリオが一軍に上がってきた場合も併用が可能。

これを狙っての獲得だと思います。まだロサリオに期待しているということでしょう(夏にかけて状態が上がってくるというデータがあるので、私も期待しています)。

何はともあれ活躍を期待したいところです。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000071-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク