阪神タイガース 新外国人・ナバーロ、二軍で快音を響かす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3打数1安打1打点の活躍!

ウエスタン:阪神9-3ソフトバンク」(6月26日)

阪神に新加入したエフレン・ナバーロ内野手(32)が26日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)で実戦デビューし、3打数1安打1打点。第3打席で適時二塁打を放ち、中堅と一塁の守備でも軽快な動きを披露しました。

背番号99のユニホームを身にまとったナバーロが、走攻守全てで躍動しました。

注目が集まった第1打席は初回1死二塁で、ソフトバンク先発の左腕・長谷川宙の変化球に遊ゴロ。先頭で迎えた三回も初球の直球に二ゴロに倒れたが、見せ場は5回に訪れます。

無死2塁で2番手のサイド右腕・野沢と対戦。カウント1-2からの5球目、136km/hの内角直球をしっかり捉えると、打球はセンター方向に伸びてフェンスを直撃。中越えの適時二塁打とし、期待に応えました。

ナバーロは、

なるべく真ん中に来た球を打とうと心掛けていた

と笑顔で振り返りました。

結果、この日は5打席に立ち、3打数1安打2四球。四球を選ぶなど、良い働きを見せてくれましたね。

矢野二軍監督「一定のレベルにある」

この活躍に矢野二軍監督も高評価を口にしました。

自分の形を持っている。強引に振るとか、追っかけるとか、そういうことはないから。四球2個も、まだ2軍だけど、そういうのも選んでいけるような打者」。

続けて、

外野も、打球の追い方とかスローイングとか、どれを見ても一定のレベルはある。総合的に“やれることは多いな”というか

とオールラウンドな働きぶりに笑みを浮かべました。

一軍での活躍は近いかもしれません(してくれないと困るが…)。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000031-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク