【野球・阪神】 岩貞、まさかの危険球退場・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1回、ストレートが青木の頭部に直撃

阪神ーヤクルト」(6月30日)

先発・岩貞が初回、ヤクルトの青木 宣親に頭部死球を当て、危険球で退場しました。

6点を先制した直後のマウンド。先頭の西浦に左中間を破られ、2塁に進まれて青木を迎えます。1-1からの3球目、内角高めの狙ったストレートがスッポ抜けて、青木の右側頭部付近に直撃・・・

青木はしばらくその場に倒れ込み、頭部をガードで固定され、担架でベンチ裏に。

これで岩貞は退場処分になりました。

わずか7球で退場。代わって高卒2年目の才木がマウンドに上がっています。

また、ヤクルトは雄平が代走で登場した(守備にも入る)。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000110-dal-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク