【野球・阪神】 糸井が欠場・・・昨日の四球が影響か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ベンチにも入らず

阪神ーヤクルト」(7月1日)

糸井 嘉男外野手(36)がベンチ入りメンバーから外れました。

この日、球場に姿がなし。

球団は、

死球による影響で腫れが引かず、球場には来ていません。ホテルおよびホテル周辺で体を動かしています

と発表。前日6月30日に行われた同戦の8回、ヤクルトの3番手・風張から右膝付近に死球を受けて、大事を取って途中交代していた。

歩いてベンチまで戻ると、すぐにアイシング治療。試合後は足を引きずりながらだが、「病院やな」と努めて明るく振る舞いながら、歩いてクラブハウスまで戻っていました。

が無念の欠場となりました。

チームの4番として活躍中だったが・・・

糸井は今季、ここまで全70試合にスタメンで出場。

ロサリオの打撃不振による降格で、5月27日の巨人戦(甲子園)から4番に起用されると、打率・301、10本塁打、40打点、と全てチームトップの成績を残し、15盗塁はヤクルト・山田哲に次ぐ、リーグ2位の記録しています。

今後について球団は「あした以降については、現時点では分かりません」と説明。

開幕から調子の上がらなかった打撃陣の中で孤軍奮闘し、チーム全体として復調気配が漂い始めたところで4番の負傷。軽傷であることを祈りたいですが・・・膝だからなぁ

今日は糸井の代わりに中谷がライトに。また、ファーストには新外国人のナバーロがスタメンに入りました(初スタメン)。

初スタメンのナバーロ


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000074-dal-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000014-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク