【野球・阪神】 糸井、離脱へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

右膝の腓骨骨折・・・

タイガースは3日、先日のヤクルト戦(神宮)で右膝付近に死球を受けた糸井 嘉男外野手(36)が大阪府内の病院で「右足の腓骨骨折」と診断され、出場選手登録を抹消したことを発表しました。

糸井は6月30日のヤクルト戦で、右膝付近に死球を受けて途中交代。

試合後は足を引きずりながらも、歩いて帰りのバスに。翌日のヤクルト戦では神宮球場に姿を見せることなく今季初欠場。心配されていましたが、まさかの骨折。

長期離脱は確実です(昨年のメッセンジャーと同じ所かな)。

開幕からここまで打率・301、10本塁打、40打点とチームトップの成績をマーク。それだけに、チームにとって大きな痛手となります。

オールスターにも選ばれているが・・・

今後の予定は未定で、選手間投票で選出されている「マイナビオールスターゲーム2018」(第1戦=7月13日・京セラドーム大阪、第2戦=同14日・熊本)の出場に関しても未定となっている。

ただ、現状はかなり難しそう。

オールスターに出場できない場合、オールスター明けの10試合に出場できませんが、あまり関係なさそうですね。

代わりに大山が昇格

今日、糸井が一軍登録を抹消されたことで二軍から大山が昇格。

二軍では打率.371と打ちまくっています。

まずは代打からでしょうが、糸井の穴を埋める活躍を期待したいですね(現状、本職のサードは北條・陽川が起用されていますが、どこかでチャンスはある。そこで結果を出せるかがポイント!頑張ってほしい!)。

ではこの辺りで

By for now!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000075-dal-base.view-000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク