【高校野球・西東京大会】 早実が姿を消す・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

高校野球西東京大会 4回戦

八王子学園八王子7-6早実

第100回全国高等学校野球選手権の西東京大会で17日、早稲田実が八王子に6-7で敗れました。

初回に先制された早実は、9回に1点差まで追い上げたが届かず。3年ぶりの夏の甲子園出場はならず・・・

2017年選抜出場の早実と、2016年夏の甲子園出場の八王子による顔合わせ。早実は初回に1点を先制され、3回にも1点の追加を許し、序盤に2点をリードされます。

早実は4回に1点を返したが、6回に大量4点を奪われる展開。しかし、7回表にプロ注目の主将・野村 大樹が意地の2点弾を放つなど3点を加え、再び2点差まで追い上げました。

3点リードに広げられた9回、野村が高校通算68号となる2打席連続2ランで1点差まで追い上げたが万事休す。2015年以来3年ぶりとなる夏の甲子園出場を目指した早実でしたが、今年はノーシードだった八王子にその夢を絶たれてしまいました。

この試合2本の本塁打を放った野村は、

早すぎましたし、もっとやれると。日本一長い夏にしようと言っていたが、ここで終わって、悔しいです

と唇をかみました。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00156513-fullcount-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00271098-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク