【プロ野球・阪神】 駆け込みトレード!主にリリーフで活躍した松田がソフトバンクへ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ソフトバンクから育成出身の左腕が来る!

ソフトバンク・飯田 優也投手(27)と阪神・松田 遼馬投手(24)のトレードが合意に達したことが26日、判明。

同日中に両球団から発表されました。

飯田は兵庫出身。東農大生物産業学部から12年育成ドラフト3位でソフトバンク入り。14年から支配下選手登録された。身長186センチの左腕で、力のある直球が武器。主に中継ぎとして活躍し、15年には35試合に登板。通算97試合、3勝6敗、防御率3・31の成績。今季は1試合登板だった。

長崎出身の松田は波佐見高から01年ドラフト5位で阪神入団。プロ2年目に27試合に投げるなど早くから大きな期待を受けた。昨年は26試合に登板。通算111試合で6勝6敗、防御率4・07。今季の1軍登板はなかった。

松田、頑張れよ!

正直、左腕のトレードはあるかなと思っていましたが、代わりにリリーフの柱として期待された松田を出すとは・・・結構、思い切ったことをしますね。

ただ、松田も高卒7年目。まだ若いとはいえ、

  • 一軍の戦力になっていない
  • 今シーズンは二軍でも結果を残していない(防御率5点台…)
  • リリーフ右腕はそこそこ数がいる(同じタイプの望月の台頭、尾仲・伊藤和・石崎が二軍にいる)

なので、タイガースとしても心機一転という意味で送り出したと思います。

リリーフとして2年前は、リリーフとして普通に通用していましたからね。

新天地での活躍を期待しています。

もちろん応援しますよ!

飯田とは?

さて、松田とのトレードで新たにタイガースに加わった飯田。

ストレートが速いイメージがありますが、正直、あまり印象がない・・・

調べてみると、コントロールが悪いとのこと。

うーん、ストレートが持ち味でコントロールに難ありはタイガースの投手っぽいですね。

今シーズンは一軍で1試合投げていますが、四死球2つで2失点。状況は分かりませんが、コントロールに難があるのは確かなようです。

ただ、実績はあります。一軍の戦力として期待できますね

ソフトバンクではリリーフとして、そこそこ投げていますし。昨年は19試合で防御率2.42、2年前(2016年)は30試合に登板して防御率3.29と、安定した成績を残しています(この数字は一軍での成績)。

現状、タイガースの左のリリーフ陣は不安定。昨年、安定感抜群だった岩崎高橋が不調。先発だった能見さんをリリーフで起用していますが、年のこともあり、この先どうなるか・・・

なので、飯田の加入は左のリリーフの補強として、ナイス!だと思います。

一軍でも成績を残しているので、結構楽しみです。

何はともあれ、「良いトレードだった」、と両球団が思うトレードになれば!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00280684-nksports-base